ペニス増大器具の種類や効果について

MENU

ペニス増大器具の種類や効果について

ペニス増大器具の種類や効果について

ペニス増大器具というものがありますが、ペニスが小さいと一度は使用してみてもいいかなと考えるのではないのでしょうか。

 

しかし、ひとことにペニス増大器具といいましても、どのような種類があり、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

 

もっともデリケートな部分に装着するものですから、しっかりと安全性などを確かめて使用するにこしたことはありません。

 

ということで、ペニス増大器具の種類や効果、メリットデメリットについて紹介をしていきます。

 

ペニスの大きさと女性の反応

ペニスが小さいのはやはり男性としては、悩みの種です。男性のシンボルがペニスなのですから、貧相なシンボルよりはたくましいシンボルの方が、異性や同性を前にしても堂々とふるまうことができるでしょう。

 

ちなみに、オナホールで有名なテンガが日本人男性50万人から平均的なペニスサイズを匿名で聞き取り調査をしたことがあります。匿名なので比較的信頼性は高いと思います。

 

そのデータより、

 

  • 勃起時の長さは約13.5センチ
  • 平常時の長さは約8センチ
  • 亀頭の直径は約3.5センチ
  • 陰茎の直径は約3.2センチ

 

となりました。

 

また、大手コンドームメーカーの不二ラテックスも過去にアンケートを実施しています。こちらの回答者数は約600人と少人数ではありますが、参考に紹介をします。

 

  • 勃起時の全長13.9センチ
  • 周径11.9センチ

 

こちらは匿名ではなかったので、見栄を張った男性もおそらく含まれているので、テンガの調査よりも0.4センチ大きいですね。

 

コンドームメーカーつながりで、オカモト株式会社では日本人のペニスの平均直径を3.3センチ前後が濃厚としています。

 

このようなアンケート調査というのは世界中で行われており、[The Penis Size Worldwide (country)]というサイトでは、日本人の勃起した男性器の平均サイズについて記載があります。

 

  • 勃起時の平均サイズ12.6センチ
  • 平常時は8.6センチ

 

だそうです。5段階評価中2だそうです。

 

これらの結果から、短小ペニスというのは10センチ未満であるというのがわかりますが、男性のペニスの大きさは世界中の男性の関心ごとであることは間違いありませんね。

 

では、女性はどうなのでしょうか。

 

女性が満足するペニスのサイズですが、成人女性200名を対象にしたアンケート調査にて「長さ12.8センチ」「太さは13.1センチ」という結果があります。また、未婚女性300名を対象にしたアンケートでは、「長さ14センチ~18センチ」「太さは13センチ」というのが理想的なペニスだそうです。

 

さらにUCLA研究チームの調査では、一夜限りの情事を楽しむのであれば、16.5センチ程度のサイズがベターという調査結果もあります。

 

つまり、テンガの調査結果の「勃起時の長さは約13.5センチ」では、世界中の女性を相手にしたときに鼻で笑われてしまう可能性があるというわけです。これは由々しき問題です。

 

セックスでも長い方が有利

ペニスが小さい場合、女性が最高に感じる子宮口をペニスでノックすることができません。子宮口はポルチオというのですが、ここを刺激されオーガズムに達したい場合、他の性感帯の倍以上の快感を女性に与えることができます。

 

女性の頭の中は真っ白になり快感の波におぼれ、そんなすさまじい快感を与えてくれるあなたやあなたのペニスにもうメロメロです。

ペニス増大器具の種類について

ペニス増大器具の種類や効果について

ということで、ペニスを大きくするにはどのようにすればいいのか、ここからが本題です。

 

漫画の本のように、ペニスに重りを括り付けて勃起をしてみるとか、熱湯と冷水に交互につけてみるとか、そんなバカみたいなことをしてしまうとペニスは傷ついてしまいますので、絶対にさけましょう。

 

ペニスを大きくするには、ペニス増大器具という専門の器具が販売されていますので、これを利用しましょう。ペニス増大器具は大きく分けると2種類に分けることができます。

 

  • 牽引型
  • ポンプ型

 

ほかにもペニス増大器具はあります。しかし、一般的に利用されている器具は、この2つの種類になります。

牽引型のペニス増大器具について

牽引型のペニス増大器具は、書いて字の通り、ペニスを牽引して伸ばしていき増大させていくことを目的にした器具です。

 

有名な牽引型のペニス増大器具については

 

  • アンドロペニス
  • アンドロヤマト
  • アンドロペニスゴールド

 

などがあります。

 

ペニス増大器具の種類や効果について

特に有名なものはアンドロペニスです。100万人以上の使用者から20年以上(1996年~2016)にわたり愛用されています。現在でも米国・ヨーロッパ・アジアの3ヶ所に拠点を置き、秘密厳守で発送をしています。

 

また、アンドロペニスゴールドはイタリア・トリノ大学の医師の研究により4ヶ月の連続使用により、通常時には約2.3センチ、勃起時には約1.7センチの増大効果が得られたという研究結果が論文にて発表されています。

 

牽引型のペニス増大器具は本当に効果があるのかという話ですが、エチオピアの原住民であるムルシ族は子供の頃から唇に円盤をはめ込みじょじょに大きくして行く慣習を持っています。その円盤の直径は20センチにもなり、このはめ込む円盤のサイズが大きくなればなるほど美しいとされています。

 

実際に写真があるので、見てもらった方が早いのですが、人体改造は実際に可能なのです。もっと身近な例ではピアスで耳に穴をあけるなどがありますね。耳に穴をあけてジョジョに大きくします。つまり、牽引型のペニス増大器具は、もっとも原始的な方法ではありますが効率的であり、日々努力を続けることでペニスを大きくすることができるというわけです。

 

牽引型のペニス増大器具の増大効果をもう少し詳しく記述しますと、ペニスの大部分を占める海綿体をペニス牽引器具で引っ張り続けます。牽引することで海綿体が押し広げられてしまいますので、そこに新しく海綿体の組織が作りだされるわけです。

 

アンドロペニスについては、副作用は特別なく、ペニスを約3センチ~4センチほど大きくすることが可能です。20年以上も愛用されている商品です。確実に効果がなければ20年以上販売し続けることは不可能でしょう。

 

牽引型のペニス増大器具のメリットデメリット

牽引型のペニス増大器具のメリットとしては、ヨーロッパ圏においては医療器具として許可されている点が挙げられます。ペニスという非常にデリケートな部分に装着しますので、有効性と安全性には細心の注意が払われており、テストを世界中の著名な医師の協力のもとで行っています。

 

そして、なんといっても確実なペニス増大効果を期待することができるのはメリットといえます。

 

では、デメリットですが、確実な増大効果を得るためには1日9時間は装着する必要があります。しかも、2時間に1度はクールタイムを入れてペニスを休ませなければなりません。これを怠ってしまいますと痛みに悩んでしまいます。

 

そのため、基本的に牽引型のペニス増大器具は日中使用しなければなりません。装着したまま睡眠をとってしまうと激痛で目を覚ますことがあるでしょう。

 

また、使用し始めたころは痛みがありますので、いきなり1日9時間装着というのはできません。1週間目は3時間を目安に、2週間後は8時間を目安に、そして、1ヶ月後にようやく9時間の装着と装着する時間を延ばしていく必要があります。

 

さらに、きちんと装着をしなければペニスに痛みがあり、ぴっちりとしたズボンをはくことができない、トイレの際に不衛生になるといった程度のデメリットがあります。

 

日中、9時間にもわたり使用しなければならないというのは、やはり大きなデメリットでしょう。また、装着や調整に失敗をしてしまうとペニスに痛みを伴うのもデメリットといえます。

 

装着に関しては慣れてしまえば、簡単に装着することができ問題がありませんし、激しい運動などを伴う仕事などでなければ、回避することが可能なデメリットです。

吸引型のペニス増大器具について

ペニス増大器具の種類や効果について

吸引型のペニス増大器具は、勃起したペニスへシリンダーのような吸引器を装着して、シリンダー内部の空気を吸引し、ペニス全体を引っ張り出すものです。

 

手動式、電動式、水中タイプなど様々種類がありますが、基本的にペニスに装着したシリンダーの内部を真空にしてペニスを引っ張るというのが、吸引型の共通している点です。

 

ちなみに、手動式がもっとも安いのですが、手動で空気を抜かなければならないので意外と大変です。高額にはなりますが、電動式が楽でいいでしょう。水中タイプに関しては浴槽に入りながらではないと利用できませんので注意をしてください。

 

ペニスが増大する原理ですが、シリンダー内部の真空状態にすることでペニスを吸引し、膨張させ、細胞分裂を物理的に誘発させ、ペニスを増大させ、海綿体に流れる血流量を増やし、勃起時のペニス増大効果が期待できるのです。

 

牽引型のペニス増大器具とは異なり、1日10分からはじめて、最長で20分程度の吸引だけでOKである点は非常に楽でいいのではないのでしょうか。ただ、牽引型のペニス増大器具と比べると危険性が高いというのは忘れてはいけません。

 

危険性についてはメリット・デメリットの項で紹介しますが、吸引型のペニス増大器具は、ペニスを入れるシリンダーの大きさ選びが重要になります。ペニスを長くするのか、それとも太くするのかによりシリンダーのサイズを変えなければなりません。

 

ペニスを長くしたいのであれば、太さに余裕のないシリンダーがいいでしょう。そして、大きさとして亀頭+3ミリくらいがいいでしょう。

 

ペニスを太くしたいのであれば、亀頭より+8ミリ程度のものがおすすめです。太さに余裕があるので吸引によりペニスを大きくすることができるわけです。

 

吸引型のペニス増大器具のメリットデメリット

吸引型のペニス増大器具のメリットは、なんといっても、その手軽さにあります。1日、最長で20分なのですから牽引型と比べるとペニス増大に使う時間はとても短くなるでしょう。

 

そして、デメリットですが使用方法を間違えてしまうと水膨れや亀頭のうっ血、包皮が伸びるなどの弊害があります。

 

ペニスにあったサイズを選ばないと、業界用語でフグと呼ばれる水膨れができてしまいます。業界用語になっているくらい頻繁に起こってしまう問題です。

 

また、牽引型のペニス増大器具と同じように使用してしまいますと、亀頭のうっ血などにより亀頭の色が変わってしまいます。調子にのって長時間、吸引を続けてしまいますと、ペニスの細胞が壊死する可能性も否定できません。

 

水膨れやケガをしてしまったら、数日間はトレーニングはやらない方がいいでしょう。

 

また、シリンダーのサイズがペニスにあっていませんと、包皮だけが吸引されてしまいますので、包皮だけが伸びてしまいます。

 

さらに、吸引型のペニス増大器具はピンからキリまでありますので、安いものでは数日と経たずに破損してしまう可能性があります。もちろん、高額だから壊れにくいというわけでもなく、壊れやすいというのもデメリットとして挙げることができるでしょう。

 

つまり、ペニスのサイズに合わない吸引型のペニス増大器具を購入してしまいますと、水膨れやうっ血の危険性、さらに包皮が伸びる可能性があります。

 

また、長時間の使用はペニスが壊死する危険性があり安全面には気を配るべきです。それができないのであれば、牽引型のペニス増大器具の方がいいでしょう。

ペニス増大器具とサプリメントを併用するとさらに効果アップ

ペニス増大器具の種類や効果について

ペニス増大器具だけでもペニス増大効果を期待することはできますが、ペニスの成長を促す栄養素をしっかりと摂取しなければなりません。

 

たとえば、亜鉛アルギニンです。

 

これらは男性ホルモンの生成には必要不可欠なものです。当然、ペニス増大にも必要不可欠です。

 

そのため、ペニス増大器具とともにペニス増大サプリの摂取が理想的であるといえるでしょう。

まとめ

ペニス増大器具は、利用方法を間違ってしまうとケガをするリスクはありますが、ペニス増大効果というのは期待することができます。そして、そのペニス増大効果をさらにアップさせるためには、ペニス増大サプリが必要不可欠です。

 

どんなに筋トレをしても栄養を摂取しなければ筋肉が肥大化しないように、どんなに器具を使用してもペニスが増大しないというわけです。

 

早く効果を出したい、確かな効果が欲しい場合はペニス増大サプリとの併用が最善の策であり、間違ってもオーバーワークでペニス増大器具を使用してはいけません。

関連ページ

ペニスが小さい・・・。ちんこを大きく増大する方法を徹底解説!
ペニスのサイズの問題は、パートナーのセックスの満足度を左右するものであり、男性自信のコンプレックスの原因にもなる、非常にナーバスなものです。この問題を解決するために、ペニスを増大させる方法にはどのようなものがあるのか、などわかりやすく解説していきます。
ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?
ペニスのサイズを大きくしたいというのは、多くの男性にとっての願いでは無いでしょうか?ここでは、ペニスのサイズアップにペニス増大サプリは本当に有効なのか、副作用の危険性など心配は無いのか、などについてわかりやすく解説していきます。
ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについて
ペニスを増大させるために最も確実な方法として手術が挙げられますが、そのリスクは非常に心配な面もあるのでは無いでしょうか?ここでは、ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについてわかりやすく解説していきます。
ペニス増大トレーニング(チントレ)の種類・やり方・その効果とは?
ペニスのサイズを大きくするためにはいろいろな選択肢が考えられますが、自分でトレーニングして実現する方法に、ペニス増大トレーニング、通称チントレがあります。このペニス増大トレーニングの種類、具体的な方法、その効果などについてわかりやすく解説していきます。
セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?
セックスでは、パートナーの女性に満足してほしいと思うのは多くの男性の願いであり、プライドに関わる問題と言えるのでは無いでしょうか?女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要なのか、わかりやすく解説していきます。