ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

MENU

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリというサプリメントがありますが、これって本当に効果があるのか?と疑問に持つ方がいると思われます。

 

よく、口コミで+○○センチ増大しました!とか見かけますけど、それってとってもうさんくさいですよね。

 

そもそも、本当に表記されている成分が含有されているのかという点も疑問です。

 

今回、ペニス増大サプリは本当に効果があるのかについて紹介をしていきます。

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリって本当に効果あるの? という疑問ですが、結論からいえば効果はあります。しかし、短期間での効果というのは期待することはできません。最低3ヶ月間は使用し続けないと、効果を実感するのは難しいといえます。

 

よくペニス増大サプリの宣伝広告で、一週間でペニスが+8センチなどという広告がありますが、あそこまで短期間でペニス増大効果が出るペニス増大サプリはありません。

 

あのような広告はお客さんの目を引くための誇大広告なのです。

 

サプリメントを服用して一週間でペニスの大きさが、+8センチが可能なのであれば、それはサプリメントではなく薬になってしまうでしょう。急激に肉体にそこまでの変化を与えるのは薬しかありません。しかし、そのような薬が現時点で開発されていない以上、+8センチというのは誇大広告にすぎません。

 

誇大広告を信じてしまい、一週間だけ使用して「効果がでないじゃん……」と諦めてしまうのはもったいないです。

 

ペニス増大効果は短期間、たとえば、一週間程度では現れません。最低、3ヶ月の連続使用によってはじめて効果が出てくるものなのです。

 

なぜ、3ヶ月なのか?

ダイエットや筋トレをしたことがある人ならわかると思いますが、一週間、連続で走り込みをしたり、激しい筋トレをしたりしても、減る体重やつく筋肉の量はたかが知れていると思います。

 

人間の体というのは、急激な変化を好みません。人間の体は健康のために体重を減らさなければいけないという状態でも「現状維持」に全力を傾けるのです。そのため、短期間で結果を出すというのが現実問題不可能なのです。結果にコミットするためには、数か月間の時間をかけて、体を変えていく必要があるわけです。

 

すべての細胞の入れ替えが済む期間が約3ヶ月になります。個人差はありますが、ペニス増大サプリの効果が現れてくるのも3ヶ月間です。

 

ペニス増大サプリのレビュー記事に目を通しますが、3ヶ月続けてペニス増大サプリを服用している人というのは少なく、本当の効果が現れる前に、効果がない偽物だと諦めてしまっています

 

やはり、これももったいない話です。数週間だけ続けて効果無しとしているレビューサイトは、信用することはできません。

ペニス増大サプリでペニスが大きくなる理由

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

では、ペニス増大サプリでどうしてペニスが大きくなるのかを解説していきます。

 

なぜ、ペニスが増大するのかといえば、ペニス増大サプリに含まれている「血管拡張作用」のある「アルギニン」や「シトルリン」の効果です。

 

ペニス増大サプリに「アルギニン」や「シトルリン」が含まれていない場合、そのサプリメントは偽物なので注意をしましょう。後述しますが、含有成分表記のルールをみて、効果があるサプリメントを購入しましょう。

 

話を戻しますが、血管拡張作用とペニス増大効果にどのような関係があるのかといいますと、ペニスというのは海面体というスポンジのようなものでできており、海面体の周りに毛細血管が張り巡らされています。

 

毛細血管に血液が流れ込むことにより、スポンジ状の海綿体が血液を吸い上げペニスが硬く勃起をするというわけです。

 

勃起をするとき一酸化窒素という成分がペニス周辺を中心に分泌されるのですが、この一酸化窒素を作りだす効果があるのが、アルギニンシトルリンになります。

 

一酸化窒素というのは、勃起と密接に関係しており、血管の健康や血流を良くする効果を持っています。さらに、海綿体が弛緩して勃起をするためには一酸化窒素が必要であり、神経や血管から一酸化窒素が分泌されないと勃起をすることができません。

 

一酸化窒素について

一酸化窒素について、もう少し突っ込んで解説をしていきます。

 

一酸化窒素の効果として、

 

  • 勃起を促す
  • 血管拡張して血流を調整する
  • 動脈硬化を防ぐ

 

という3つの効果があります。

 

この3つの効果はすべて、勃起に関係があります。

 

まず、勃起を促す効果についてですが、脳が性的興奮を覚えますと、神経を通じて勃起神経に勃起をする命令が出されます。この神経から一酸化窒素が分泌されて血管や筋肉に作用してcGMP(サイクリックGMP)という物質が分泌されます。

 

この物質が分泌されることで、ペニスの血管を拡張して海綿体を弛緩させる働きがあります。その結果、海綿体に大量の血液が流れ込みやすくなり、勃起をするわけです。

 

また、前述したように血管拡張効果があり、ペニスに陰茎動脈から血液が流れこむのですが、その際、血管内細胞から一酸化窒素が分泌され、血管が拡張されます。結果としてスムーズに勃起をすることができます。

 

最後に動脈硬化の予防ですが、人間は年をとるにともない、コレステロールなどの脂肪が血管内にこびりついてしまい、血管が狭くなり、柔軟性も失われてしまいます。特に陰茎動脈は細かく、動脈硬化の影響をもっとも受けるのです。

 

血管が狭くなると血流も悪くなりますので、勃起しづらくなったり、勃起不全になったりします。

 

一酸化窒素とアルギニン・シトルリン

一酸化窒素は神経や血管内被という場所で作られるのですが、一酸化窒素の原料になるのがアルギニンです。

 

アルギニンは体内で生成することができるのですが、20代~30代を境に体内での生成量が減ってきてしまいます。また、10代の頃も生成量が追いつかないので、アルギニンは準必須アミノ酸というものに分類されています。

 

さらに、シトルリンですが、効果についてはアルギニンと同じですが、こちらはもともと1930年に日本でスイカから発見された成分であり、2007年までは医薬品として扱われていました。現在は、医薬品の指定が解除されてサプリメントへ含むことができるようになりました。

 

シトルリンとアルギニンは相乗効果があり、効率的に血中アルギニン濃度を高めることができます。つまり、アルギニンはシトルリンと一緒に摂取することで一酸化窒素の生成量を強化することが可能です。

 

勃起を繰り返すことで、ペニスが増大していく

アルギニンやシトルリンにより一酸化窒素が分泌されて、ペニスに流れこむ勃起力がアップします。流れこむ血液量がアップしますので、当然ですが硬さもアップします。

 

また、水風船と同じ原理で勃起を繰り返すことで、ペニスは増大していきます。

 

水風船は水の出し入れをしていると次第にゴムが緩くなっていくと思います。これと同じことがペニスに起きるわけです。何度も勃起を繰り返すことで、ペニスが徐々に大きくなります

 

でも、そんなに勃起をする機会がないし……と思う方、ご安心ください。男性は睡眠中に勃起を繰り返しているのです。朝立ちをすると思いますが、男性のペニスは睡眠中に勃起と収縮を繰り返しいるのです。

 

つまり、しっかりと眠るだけでペニス増大効果を期待することができます

ペニス増大サプリには精力増大効果もある

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリには、市販の精力剤に含まれている成分が含まれています。

 

その含まれている成分の多くが、市販の精力剤ではメインをはることのできる精力増強効果のある成分です。

 

ペニス増大のためには、男性ホルモンのテストステロンは欠かすことができません。前述した一酸化窒素の生成にも男性ホルモンのテストステロンを欠かすことはできません。テストステロンの分泌量が減少してしまいますと、どんなにアルギニンやシトルリンを摂取しても、それを一酸化窒素に変化させることができません。

 

テストステロンは20代~30代に分泌量のピークを迎え、あとは減少の一途をたどります。また、各種精力効果のある含有成分には、加齢とともに減少してしまう精力を改善する効果があります。

 

勃起とは、脳が性的な興奮を覚える必要があります。疲労や精力の減退が原因で脳がそのような性的興奮を覚えにくくなります。

 

精力剤では一時的に精力が復活しますが、ペニス増大サプリの場合、時間をかけて精力がもとに戻り、10代や20代の頃のように性的興奮を脳が覚え、ペニスにより血液が流れこみやすくなる効果が期待出来るでしょう。

効果のあるペニス増大サプリと効果のないサプリ

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリに限らず、サプリメントを販売する会社は、利益を重視するためにコストの削減をします。大手でも意外に紛らわしい表記をして無知な消費者をだましにかかっています。

 

つまり、含有されている成分量を偽るなんてことを普通におこなうのです。酷いものになると99%が意味のない添加物なんてものもあります。

 

ネット通販では利益を重視したものが多く、実に9割以上が、消費者をどのように騙すかに重点を置いた粗悪品を販売しているのです。

 

購入前にしっかりと、効果のあるペニス増大サプリの見分け方を知っていれば、1割の優良品をゲットすることができます。

 

中身のないペニス増大サプリの特徴とは?

中身のないペニス増大サプリとしては、賦形剤(ふけいざい)と呼ばれる、サプリの錠剤を固めるために使用される成分や、服用を便利にするために加えられる添加剤を必要以上に含んでいるというのが挙げられます。

 

賦形剤として有名なものは、

 

  • トレハロース
  • デキストリン
  • 微粒酸化ケイ素
  • 二酸化ケイ素

 

このようなものがあります。

 

賦形剤については、サプリを製造する上では必ず含まなければサプリを作ることができないわけなので、賦形剤が含まれている=粗悪品ではありませんので注意をしましょう。

 

問題なのは、必要以上に賦形剤が含まれているケースです。

 

有効成分よりも賦形剤が多い場合が粗悪品になります。有効成分と賦形剤の配合量を知るためには、「原材料の表記」を確認するしかありません。

 

しかし、原材料の表記を見ることで、配合成分の量と賦形剤の配合バランスを知ることができ、どちらが多く含まれているのかを判断することができます。

 

配合成分の公開と非公開について

ペニス増大サプリの中には、「配合成分量」が公開されているものと非公開のものがあります。

 

配合成分量を公開しているということは、記載どおりに原材料が含まれていることの保証になります。あえて、虚偽の記載をするメリットはありません。しかしながら、注意点も存在するのです。

 

その注意点とは、大手企業の場合、非公開にすると社会的信用を獲得することができませんので、必要な部分のみを公開するというケースがあります。これは非常に注意が必要です。

 

会社側の誠意に見えますが、部分的に公開するということは悪用することができるということです。たとえば、安価で作ったサプリでも、特定の成分を公開することで箔がつきますので、消費者は安心して購入してしまうのです。

 

そのため、成分を公開していれば必ずしも安心安全とは一概にはいくことができません。

ペニス増大サプリの原材料

サプリメントの有効成分は、

 

  • 有効成分
  • 添加剤、賦形剤

 

この2つの種類に分けることが可能です。

 

有効成分

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

有効成分は、ペニス増大サプリの場合、アルギニンシトルリンのことを指します。アルギニンやシトルリンの効果については前述したとおりです。

 

ペニス増大サプリの場合は、有効成分が1つではなく数種類含まれていることが普通です。

 


賦形剤

賦形剤は、サプリの形を作るための成分になります。

 

サプリは

 

  • 錠剤
  • ハードカプセル
  • ソフトカプセル

 

などの形状があります。

 

ソフトカプセルの賦形剤ならば、ゼラチンとグリセリンを材料にカプセルを作っているものがあたります。

 

賦形剤としては、

 

  • サフラワー油
  • オリーブオイル
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • ミツロウ
  • レシチン

 

などがあります。

 

サフラワー油やオリーブオイルは、ソフトカプセルの中身を増やして形を保つなどの効果があります。

 

添加剤

添加剤は食品添加剤とも呼ばれています。

 

  • 保存料
  • 甘味料
  • 着色料
  • 香料

 

などが、食品添加剤にあたります。

 

食品添加剤は、食品の加工や保存を目的で使用されるものです。

 

そして、食品添加剤は、

 

  • 指定添加物
  • 既存添加物
  • 天然香料
  • 一般飲食添加物

 

この4種類に分けることができます。

 

指定食品添加物

指定食品添加物とは、食品衛生法第10条にもとづき、厚生労働省が使用を認めた食品添加物となります。指定の対象には化学的合成品のみならず、天然物も含まれます。

 

更生労働省が使用許可を出している成分になりますので、厚生労働省のホームぺージにて、指定食品添加物に指定されているもののリストを見ることができます。

 

既存添加物

指定添加物のほかに、日本で広く、そして長く使用されてきたものであり経験上、例外的に使用・販売が認められ「既存添加物名簿」に記載されているものが、既存添加物です。

 

L-アルギニンは既存添加物に分類され、調味料や強化剤として使用されています。しかし、L-アルギニンは血流促進効果を高めるには、不可欠な成分です。

 

天然香料

動植物から抽出することのできる香料が天然香料です。食品に香りをつけるために使用されています。有名なものとしてはバニラ香料です。

 

一般飲食物添加物

有名なものでは寒天があります。

原材料表記のルール

原材料表記にはきちんとしたルールがあります。

 

  • JAS法に基づくルール
  • 健康増進法に基づくルール

 

この2つの種類があります。

 

JAS法に基づくルールについて

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

一般的には、JAS法に基づくルールが使用されますので、こちらのルールのみを覚えていれば問題はないでしょう。

 

JAS法に基づく加工食品品質表示基準は、「原材料はすべて含まれている重量順に表示する」という原則があります。さらに、食品添加物はそれ以外の原料と分けて記載され、原材料の後ろに記載するというルールもあります。

 

また、JAS法では表示する項目と順番も決められており、

 

  • 名称
  • 原材料名
  • 内容量
  • 賞味期限
  • 保存方法
  • 製造業者

 

この順番で表示するように定められています。

 

たとえばですが、L-シトルリン・マカ・トンカットアリなどの有効性分は原材料になりますので、最初に記載されます。その後ろに、L-アルギニン、ビタミンなどの食品添加物が記載されるというわけです。

 

健康増進法に基づくルール

健康増進法に基づくルールとは、100gあたり、1食分、1包装といった単位あたりの、

 

  • 熱量
  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ナトリウム

 

などの量と、表示したい栄養成分を順番に記載をします。

 

ペニス増大サプリで重要なのはJAS法

ペニス増大サプリで確実に効果のあるサプリを購入するためには、JAS法に基づく原材料の表記のルールとなります。

 

なぜなら、JAS法の表記ルールでは、多く含まれている原材料から順に原材料を記載するルールがあります。そのため、添加物のゼラチンやグリセリンなどが最初の方に書かれているのであれば、有効成分がほとんど入っておらず、中身がスカスカな商品であるということが一目でわかります。

 

グリセリンやセルロースといった賦形剤は、ソフトカプセルのカプセルを形成するために使用されていますから、これら賦形剤が多いということは、摂取してもペニス増大効果は、ほぼ無意味であるといえます。

 

これらの情報を知ったうえで薬局などに売られているサプリの効果を比較すると面白い発見があるかもしれません。

成分数、それとも配合量? 買うならどっち

ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?

ペニス増大サプリを選ぶ際に、成分数が多いものの方が魅力的ではないでしょうか? 100種類ものペニス増大成分含有なんて言われてしまうと、そちらの方を購入したくなってしまいます。

 

また、それを売りにしている業者も存在します。100種類や200種類配合されていれば、どんな短小ペニスも増大してしまうのでは、と思うかもしれません。そのため、たくさんの種類が含まれている商品を多少高くても購入してしまい、満足した効果が得られなかったという方が多いはずです。

 

しかし、そこには大きな落とし穴があります。つまり、1つのサプリの錠剤にどのくらい配合されているのか、配合量がわからないのであれば、何百種類も有効性を配合しても効果が現れるわけがありません。

 

本当にわずか、一掴み入れただけでも数百種類の有効成分の1つに記載してもOKなのです。また、100種類も200種類もの有効成分を1粒のサプリメントに適量を含有することは現在の科学力では不可能です。

 

亜鉛のような1日の摂取目安量以下しか摂取しないと効果が出ない栄養素も存在します。

 

つまり、サプリを購入する際には、含有されている成分数が多い商品よりも、含有されている配合量を重視しなければならないのです。多くの種類の成分が含まれていても、配合量が1日の摂取目安量に届いていないのであれば、意味がありません。

 

成分数が多いと素晴らしそうに見えますが、実のところは配合量を明記している=信用できるサプリなのです。

まとめ

ペニス増大サプリって本当に効果あるの? からはじまったこの記事もまとめです。

 

ペニスを増大させるためには、血液をどれだけペニスに集中させることができるかという点が重要です。

 

血液をペニスに集中させるために必要不可欠な栄養素が、アルギニンシトルリンです。

 

ペニス増大サプリを購入するのであれば、アルギニンとシトルリンが含まれていないものを購入しても全く意味がありません。

 

また、サプリを購入するときもJAS法の表記ルールと、どのくらいの量の有効成分が含まれているのか配合量を重視して、配合量が明記されているペニス増大サプリを購入しましょう。

関連ページ

ペニスが小さい・・・。ちんこを大きく増大する方法を徹底解説!
ペニスのサイズの問題は、パートナーのセックスの満足度を左右するものであり、男性自信のコンプレックスの原因にもなる、非常にナーバスなものです。この問題を解決するために、ペニスを増大させる方法にはどのようなものがあるのか、などわかりやすく解説していきます。
ペニス増大器具の種類や効果について
ペニスのサイズを大きくしたいということは、多くの男性の希望と言えるのでは無いでしょうか?ここでは、ペニスのサイズアップに利用できるペニス増大器具の種類や効果について、わかりやすく解説していきます。
ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについて
ペニスを増大させるために最も確実な方法として手術が挙げられますが、そのリスクは非常に心配な面もあるのでは無いでしょうか?ここでは、ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについてわかりやすく解説していきます。
ペニス増大トレーニング(チントレ)の種類・やり方・その効果とは?
ペニスのサイズを大きくするためにはいろいろな選択肢が考えられますが、自分でトレーニングして実現する方法に、ペニス増大トレーニング、通称チントレがあります。このペニス増大トレーニングの種類、具体的な方法、その効果などについてわかりやすく解説していきます。
セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?
セックスでは、パートナーの女性に満足してほしいと思うのは多くの男性の願いであり、プライドに関わる問題と言えるのでは無いでしょうか?女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要なのか、わかりやすく解説していきます。