ベガリアってそもそも安全?副作用の可能性について

MENU

ベガリアってそもそも安全?副作用の可能性について

 

ベガリアって安全なのか、副作用なくペニスサイズがアップするのか、非常に気になる問題点であると思います。

 

ペニスが大きくなるのに、副作用が一切ないというのは、少し怪しいですよね。

 

ということで、ここでは医薬品指定の勃起薬とベガリアの安全性を比較していこうじゃないですか。

 

そのうえで、ベガリアがいかに安全なものかを紹介していきます。

 

ベガリアに副作用はあるのか?

結論から言ってしまえば、ベガリアに副作用はありません。

 

もちろん、1日に120粒飲んでしまった場合、お腹を壊したり、気持ち悪くなったりするでしょうが、普通、1日に120粒飲むことはありませんよね。

 

そのため、ベガリアには副作用はありません。

 

では、医薬品指定の勃起薬に関してはどうでしょうか? 医薬品指定されているということは、何らかの副作用があることになります。

 

長く連続して服用を続けていれば、肝機能障害や腎機能障害などが出てきますし、用法と容量を守らずに飲んでしまった場合、死亡するリスクがあります。

 

バイアグラですら死亡事故の報告があります。

指定医薬品の勃起薬の副作用

勃起薬とは、つまり、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つの薬です。この中でもっとも安全性が高いとされているのが、シアリスです。

 

シアリスは、ブロック状の分子構造をしているので、体になかなか吸収されず効果があらわれるまでに3時間程度の時間を必要とします。

 

しかし、効果が出始めたら24時間~36時間程度は効果が持続するので、世界でもっとも人気のある勃起薬です。

 

シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれているもので、効果としては勃起を鎮めるPED5の抑制があります。

 

PED5というのはcGMPと呼ばれる酵素を分解する酵素なのですが、PED5が常に体内で優位の状態になっているからこそ、男性は常に勃起をし続けなくていいわけです。

 

レビトラについては、バイアグラの次に日本で認可された勃起薬になります。

 

レビトラの有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っていますので、バイアグラよりも効果があらわれやすいというメリットがあります。

 

また、バイアグラよりも食事の影響を受けにくいという特性を持っているのです。受けにくいですから、普通に食事をする分には問題ありません。一般的には700Kcal未満で脂質が23.3g以下の食事であれば影響はないそうです。

 

すき家の牛丼中盛り程度の量の食事なら問題はありません。ですが、吉野家の牛丼並盛りは脂質が23.4gありますので、影響が出てきます。

 

レビトラの効果もシアリスと同じでPED5という酵素の働きを抑制するものです。

 

PED5の働きが抑制されてcGMPがちゃんとした量作られると、海綿体平滑筋が弛緩してペニスに大量の血液が流れこみ勃起をします。そして、レビトラの効果持続時間は4時間~5時間程度です。

 

最後にバイアグラですが、いわずとしれた勃起薬の代名詞です。

 

バイアグラは世界で初めて医学的に勃起することが認められた医薬品になります。

 

有効成分はシルデナフィルです。シルデナフィルは元々、狭心症の薬として開発されていましたが、狭心症では期待するほどの効果が出ず、副作用として勃起不全が回復したことにより、勃起不全の治療薬として開発されるようになりました。

 

日本では特許が切れていますので、正規のジェネリック医薬品が販売されています。

 

最近ではフィルム状のバイアグラも登場し、水なしで飲むことができますのでこのような点では、レビトラやシアリスと同等の魅力がある勃起治療薬です。

 

そして、これもPED5の働きを抑制する効果しかありません。催淫効果や精力増強効果というのは一切ないのです。もちろんペニス増大効果もありません。レビトラもシアリスも同じです。

 

そのため、極度に疲れていたり、動脈硬化が進行していたりすると、どの薬を飲んだとしても満足する勃起力を得ることは勃起薬といいますから、意思とは関係なく勃起すると誤解しがちですが、基本的には勃起の補助のみしか、勃起薬はすることができません。

 

勃起の補助とはPED5の働きの抑制です。

 

シアリス、レビトラ、バイアグラの有効成分はすべて「劇薬」に指定された医薬品です。医薬品ですから、当然ですが副作用があります。

 

用法容量を守らなければ死亡する可能性もあります。そのため、勃起薬を一度服用した場合は必ず24時間のインターバルを置いてからでないと、再度服用することができません。

 

また、バイアグラとレビトラに関しては服用を続けていくことで効果が弱くなります。シアリスについては、現在のところ効果が弱くなるとは言われていません。

 

また、バイアグラに関しては狭心症の薬を作る過程で発見された背景がありますので、硝酸剤との併用は禁忌とされています。バイアグラのみならず、シアリス、レビトラすべての勃起薬は硝酸剤との併用は禁忌です。

 

そして、シアリス、レビトラ、バイアグラについては、服用した場合、高い確率で副作用があらわれます。

 

副作用が出てきたのが、効果があらわれたサインであるとまで言われています。

 

シアリス、レビトラ、バイアグラの副作用については、下記の通りです。

  • 血圧の低下
  • めまい
  • 顔の火照り
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 鼻血
  • 胸焼け
  • 動機
  • 頻脈
  • 勃起持続症

このような副作用があります。

 

シアリス、レビトラ、バイアグラを服用すると血行が良くなりますので、血圧の低下や顔の火照、血管の拡張による頭痛などが起きます。

 

副作用の中で一番、深刻なものは勃起持続症です。勃起したペニスが元に戻らないのです。これは、ペニスに流れる血管が割けてしまい、ペニスに永遠と血液が流れこんでしまい、ペニスが勃起し続けことにより起きる症状です。

 

4時間以上勃起が収まらない場合は、すぐに病院に行かないとペニスが使い物にならなくなるでしょう。単純に勃起したいときには、シアリス、レビトラ、バイアグラは非常に効果を発揮します。

 

しかし、劇薬に指定されている医薬品ですから、最悪死亡するリスクがあるのです。

 

しかも、シアリス、レビトラ、バイアグラは高い確率で副作用がありますし、長期間の連続服用というのは、あまりおすすめすることはできません。

 

ベガリアの成分

ベガリアにはさまざまな成分が含有されていますが、医薬品に指定されているものは、1つもありません。

 

そのため、シアリス、レビトラ、バイアグラのように副作用を気にすることはないのです。

 

30種類の有効成分が含有されていますが、その中で3つ紹介していきましょう。

 

L-シトルリン

L-シトルリンは、2007年まで医薬品に指定されていたアミノ酸の一種ですが、現在は医薬品指定が解除されて、サプリメントに含有されています。アルギニンに分解されます。

 

単純にアルギニンを摂取するよりも、多くのアルギニンを摂取することができます。

 

これは、L-シトルリンにアルギナーゼというアルギニンを分解する酵素の働きを抑制する働きがあるからです。アルギニンと同時に摂取することで、相乗効果を期待することができます。

 

L-アルギニン

L-アルギニンについては、体内で生成される非必須アミノ酸ですが、加齢とともに生成量が少なくなります。

 

そのため、食べ物によって補う必要があり、準必須アミノ酸とも呼ばれています。

 

体内に入ることで、L-シトルリンと一酸化窒素に分解されます。

 

一酸化窒素は血管を拡張する働きと、血管の柔軟性をアップする効果があり、ペニスの勃起力をアップする働きを持っているのです。

 

L-アルギニンを単品で大量に摂取した場合、アルカリ性の性質を持っていますので、胸焼けや下痢などの原因になります。

 

また、L-アルギニンのみだけを摂取しても、その多くがアルギナーゼにより分解されてしまうので、L-シトルリンと同時に摂取することが望ましいのです。

 

ベガリアは、L-シトルリンとL-アルギニンが独自の黄金比率で含有されていますので、L-アルギニン不足になるということは、まずないと考えます。

 

亜鉛

亜鉛については、日本人の成人男性の場合11mgの摂取が望ましいと厚生労働省により紹介されています。

 

亜鉛は、セックスミネラルと呼ばれるほど、性機能に関係があるミネラルです。

 

必須ミネラルであり体内では作ることができません。しかしながら、亜鉛の吸収率は悪く、日本人は欧米人と比較をすると慢性的に亜鉛不足であるといわれています。

 

ただし、亜鉛に関しては1日40mgが上限摂取量とされています。継続的に40mg以上の亜鉛の過剰摂取をしていると、急性亜鉛中毒や胃障害など複数の副作用を起こす可能性があります。

 

ただ、実際問題40mgを摂取することは困難なので、上限摂取量を気にするよりは、必要摂取量を摂ることの方が重要でしょう。

まとめ

指定医薬品の勃起薬は、医薬品ですから副作用があります。有効成分はすべて劇薬です。そのため、医師の指導の下で用法容量を守って服用しなければ、最悪死亡する可能性があります。

 

実際に死亡事故が起きているのですから、たかが勃起薬と舐めてかかったら痛い目を見るでしょう。

 

また、長期的な服用をすることで効果が薄れていくといわれています。勃起薬は結局のところ、体内のPED5の働きを抑制する効果しかありません。

 

催淫効果もなければ、精力増強効果もありません。根本的な精力増強効果というのは一切期待することができません。単純に勃起しやすくなるだけなので、勃起補助薬であると考えた方がいいでしょう。

 

ベガリアは、30種類と有効成分は多くありませんが、主要成分にL-シトルリン、L-アルギニンの2種類があります。どちらも、医薬品ではありませんので極端に大量摂取しない限り問題はありません。仮に極端に大量摂取しても命に係わることはありません。

 

また、ベガリアにはセックスミネラルと呼ばれている亜鉛も含まれています。亜鉛は1日10mgを摂取することが望ましいと厚生労働省が指針を出しています。

 

上限量は40~45mgです。上限量をオーバーした量を慢性的に摂取している場合、副作用が出てきますが、上限量まで摂取するのは困難なので、気にすべき問題ではありません。

 

本文中では触れませんでしたが、その他、精力増強に効果のある成分がベガリアには必要量が配合されています。

 

そのため、毎日摂取することにより、確実な精力増強効果を期待することができるでしょう。ペニス増大にも効果がありますが、精力増強にも一定以上の期待をすることができます。

関連ページ

【ベガリアのキャンペーン情報】その時期によって内容は違うの?
ベガリアには様々なキャンペーンを不定期で行っているようです。その内容やお得度合いを管理人が分析します!
【ベガリアの購入方法】amazonや楽天では買えないの?
ベガリアの購入方法について、特にamazonや楽天では買えるのか?についてご説明します。
ベガリアを通販で最もお得に購入する方法まとめ
精力剤として個人的に実際に効果も感じられたベガリアは、やはりキャンペーン価格での購入がベストです。ベガリアは1箱19800円ですが、キャンペーン価格ならば30%割引された13860円になるのでとてもお得です。
ベガリア使用と平行すると効果的なトレーニング、生活習慣など
精力が衰えている場合は、食生活を少し変えると改善されることが多いです。特に、内臓に負担をかけるようなカップ麺やインスタント食品はAV男優も食べるのを避けるくらいのもので、食べるだけで監督やディレクターに大目玉を食らうようなものでもあります。
ベガリアを販売サイトで安心して購入する方法
ベガリアのような精力剤は、あまり家族にバレないようにこっそり購入したいという人も多いものです。そのため、箱の中身がわからないようにしたり、見た目が精力剤だとバレないようにしたりする工夫が多くの消費者から求められており、ベガリアでも何が送られてきたのかわからないように発送してくれます。
ベガリアを半年継続した後どうすべきか考える
ベガリアを半年ほど飲んでみて、たしかに効果はありましたが、半年に約5万円、毎月約10000円ほどのコストを掛け続けるのは流石に無理があります。ベガリアを飲むのをきっかけにして、精力増強が出来たのは良いですが、それ以降は精力をそのまま良い状態に維持しつつ、ベガリアは飲まずにいられるようにする必要があります。
【ベガリア購入者】口コミレビューまとめ
ベガリアを3ヶ月継続して飲んだ方ある方は、ペニスサイズ約17cmから約18cmまでサイズアップできたと感動の声を寄せていました。太さはほとんど変化はなく1cm未満の変化しかなかったようですが、3ヶ月普通の生活を送りながらベガリアを飲んでスクワットや筋トレなどをしていってペニスサイズが1cmアップしたという情報はとても希望が持てる感想です。
【ベガリアの配合成分数を考える】30種類では効果が低いのか?
ペニス増大や精力増強に効果があるとされている男性用サプリメントは、実に様々な種類があります。中には100種類とか200種類もの成分が1粒に配合されているサプリメントもあります。 それに比べベガリアはの配合されている成分は数にして30種程度です。この数の差というのは、効果にどのように影響されてくるのでしょう。 詳しく解説していきます!
ベガリアの効果をより有効的に得るための服用方法とは?
ベガリアの摂取方法は基本的に自由ですが、摂取するタイミングや一度に服用する量、何と一緒に服用するかによって、効果の感じられ方に違いがあるということをご存知でしょうか? ベガリアの効果をより効率的に得られる方法を、このような観点から解説していきます。
ベガリアを飲み始める適年齢があるのか?
ベガリアの服用を始めるにあたり、実は年齢によって効果の出方に差があるのはご存知でしょうか? 体質などの差があるにしろ、年齢によって見た目や体力が違うように、効果の感じられ方にも年齢によって違ってくるようです。 効果の出方にどのような差があり、またなぜ差があるのかを詳しく解説していきます。