運動・筋トレによる精力回復効果について

MENU

運動・筋トレによる精力回復効果について

 

運動・筋トレをおこなうことで、精力を回復させることが可能です。なぜ、運動・筋トレをすることで精力が回復するのか、今回は紹介していきます。

精力とテストステロン

テストステロンは、精力や性欲、男性らしい思考や肉体を維持するために必要な男性ホルモンです。

 

そのためテストステロンが減少すると、その穴を埋めるために、テストステロンと5αリダクターゼが結合して、強い悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作ります。大量のジヒドロテストステロンは精力減退の原因の1つです。

 

また、テストステロンは20代~30代をピークに減少を始めるのですが、この減少のスピードは個人の努力で遅らせることができます。

 

努力を怠ると40代で70代のテストステロン分泌量ということにもなりかねません。70代のテストステロン分泌量になってしまえば、精力などを期待することもできず、おそらく勃起が難しくなるでしょう。

 

しかも、テストステロンの分泌量を維持することは可能ですが、時間経過とともにどうしても減少してしまいます。これが過度に減少してしまえば、男性更年期障害、前立腺肥大などの病気に悩まされる可能性が高くなります。

 

精力、つまり、テストステロンの分泌量を維持する方法は簡単であり、運動・筋トレをすることです。

テストステロンの分泌量を維持する方法

有酸素運動(運動)

運動についてですが、ここでは有酸素運動に限定して説明をします。有酸素運動とはウォーキング・ランニング・水泳のような長時間の全身運動を指します。

 

なぜ、有酸素運動により精力が回復するのか、それはテストステロンと密接な関係があります。肥満体型の方は体中に脂肪が多くついています。この脂肪の中にある酵素のアロマターゼというものが多く含まれています。このテストステロンがアロマターゼと反応することにより、エストラジオールという女性ホルモンに変化します。

 

これは、テストステロンにも言えることで、テストステロンはプロゲステロンという女性ホルモンが変化したものなのです。つまり、男性ホルモンと女性ホルモンは密接に関係して人間の体内にあります。

 

これらのことにより、テストステロンの分泌がおこなわれたとしても、肥満体型で脂肪が多くついている人の場合、分泌されたテストステロンの多くが本来の作用をする前に女性ホルモンになり、相対的にテストステロンの分泌量が少なくなってしまいます。その結果として、精力減退となるのです。

 

そして、脂肪を燃焼させるための運動は長時間の有酸素運動というのが効率的です。しかし、ただ歩いているだけでは脂肪は燃焼しません。30分以上の有酸素運動をすれば脂肪は燃焼しますが、ただ歩いているだけでは燃焼量は期待できません。心拍数を計算しながら運動をすることで効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

また、過度に有酸素運動をしてしまうのも問題で、マラソン選手のような無駄をそぎ落とすほど痩せてしまうと、今度はテストステロンを作るのに必要な筋肉量も低下してしまう上、ストレスにもなります。週3日程度の有酸素運動をして余分な脂肪を燃やすようにするといいでしょう。

 

肥満と勃起力の関係

前述したとおり、肥満では男性ホルモンのテストステロンが女性ホルモンのエストラジオールと作り替えられてしまい、精力の減退につながる点について重点的に説明しました。

 

しかし、肥満は「勃起力の低下」を促します。男性が勃起するためには、ペニスに大量の血液が流れこみ、海綿体が血液をスポンジのように吸収することでペニスが勃起します。

 

そのため、勃起力を上げるためには血管の健康が必要不可欠になります。血管が柔軟で流れる血液がサラサラであれば、簡単に勃起をすることができます。また、ペニスに流れ込む血液量が増えますので、勃起時のペニスの硬さというはアップします。

 

では、肥満体の人はどうでしょうか。肥満体の人の場合、血管の壁にコレステロールが付着して、血管が硬くなっています。動脈硬化と呼ばれる現象です。また流れる血液もサラサラではなく粘り気のあるドロドロの血液となります。

 

結果、ペニスにスムーズに血液が集まりにくくなり、勃起をしても以前のような硬さはなくなります。

 

余談ですが、動脈硬化は、サイレントキラーと呼ばれています。静かな殺し屋という意味です。動脈硬化は悪化することで、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞などの死亡率の高い病気に発展する可能性があります。そして、動脈硬化は自覚症状がほとんどありません。しかし、自覚症状の一つがEDです。

 

EDは勃起不全とも訳すことが一般的ですが、勃起障害とも訳すことができます。つまり、勃起しにくくなったり、勃起時の持続力がなくなり中折れしてしまったりするのも広義のEDです。

 

また、肥満体の人は糖尿病になるリスクも高くなります。糖尿病になってしまった場合、EDになるリスクが高くなります。

 

つまり、肥満というのは男性ホルモンの減少のみならず、EDの原因になります。また、ペニスが贅肉に隠れて短小になることもあります。このように、肥満というのは百害あって一利なしです。

 

男性の場合は、内臓脂肪がつきやすくなります。内臓脂肪がつくと、お腹だけがポッコリでます。ただし、内臓脂肪は銀行預金と呼ばれるように、きちんとした有酸素運動と食事制限をすることにより、比較的容易に燃焼させることができます。

 

無酸素運動(筋トレ)

筋トレはテストステロンの分泌量を増やすものです。筋肉とテストステロンは密接に関係がありますので、筋トレをして適度に負荷をかけることで精力回復ができます。

 

筋トレとは、無酸素運動のことで、短期間に過度の負荷を体にかける運動です。有酸素運動のように長時間続けることができないものとなります。マシーンを使った筋トレでもいいですし、腹筋や背筋、腕立て伏せによる筋トレもいいでしょう。

 

ただ、筋トレは脂肪燃焼には不向きな運動方法なので、脂肪を燃焼させたい方は筋トレだけではなく有酸素運動と組み合わせておこないましょう。

 

注意点として、過度な筋トレというのは逆にテストステロンの分泌を妨げ、精力回復を阻害するのです。筋トレをすることでテストステロンの分泌は促進されますが、オーバーワークとなった時点で、テストステロンを減らす酵素の分泌が始まり、テストステロンの減少につながります。

 

有酸素運動と同じく筋トレもオーバーワークをしないということです。オーバーワークをすると、精力の回復ではなく、精力の減退を促進させ、さらにケガのもとになります。適度に急速を挟むことが重要です。

 

有酸素運動と無酸素運動はあわせて行う

有酸素運動と無酸素運動について紹介をしてきました。この2つの運動をすることで、男性が男性らしくあるために必要不可欠なホルモンのテストステロンの分泌促進がなされることがわかったと思います。

 

また、肥満体は勃起力の低下に繋がることも理解したはずです。そして、有酸素運動と無酸素運動ですが、これには相乗効果があります。

 

つまり、あわせて行うことで、高い効果を得ることができるわけです。前述しましたが、有酸素運動のみを行っていては筋肉も落ちてしまいます。無酸素運動のみでは脂肪燃焼には不向きです。

 

そのため、無酸素運動を最初におこない、有酸素運動をあとにおこなうことでバランスよく脂肪の燃焼と筋肉量の維持をすることができるわけです。

 

有酸素運動を先におこない無酸素運動を後に行っても構いませんが、例えば、有酸素運動が終わったらインターバルをなるべくおかずに無酸素運動をするようにしましょう。

 

運動をしたらちょっと休憩と思ってしまいますが、休憩をはさんでしまうと、相乗効果は望めません。ちょっと大変かもしれませんが精力と勃起力維持には欠かすことはできません。

精力サプリの摂取で効率アップ

有酸素運動と無酸素運動をすることにより、テストステロンの分泌促進をすることができるのは前述しました。

 

運動も重要ですが、食生活も重要です。運動と筋トレにより、テストステロンの分泌がアップして精力や勃起力がアップするのは間違いありませんが、さらに増強するのであれば、精力サプリの摂取をおすすめします。

 

なぜ、精力サプリなのかと言われれば精力アップの専用のサプリメントだからです。たしかにDHCなどが販売しているサプリメントなどを摂取してもいいのです。しかし、それでは効率が悪いのです。

 

たとえば、

  • 亜鉛
  • シトルリン
  • アルギニン
  • ビタミンB群

これらは、すべて精力増強・勃起力アップには欠かすことのできない栄養素です。

 

たとえば、シトルリンとアルギニンですが、これは血管の健康を維持するためには欠かすことができない栄養素です。服用することで、血管を拡張させる効果のある一酸化窒素を生成します。また、血管の柔軟を回復させる効果もあります。血管の柔軟と健康は勃起力アップにつながります。

 

そして、ここが重要なのでシトルリンとアルギニンは相乗効果があります。同時に摂取することで、より体内に吸収されやすくなり、効果もアップします。

 

疲労回復、滋養強壮にも効果があり、集中力のアップ、筋肉量のアップなどにも効果があります。筋トレをするのであれば、摂取しておきたい栄養素であるのは間違いありません。

 

ちなみに、シトルリンとアルギニンが体内に吸収されることで血管内に生成される一酸化窒素は勃起の際に重要な酵素であるcGMPに、勃起時に変換されます。このcGMPは海綿体平滑筋を弛緩させて、ペニスに血流を流す役割を持っています。つまり、勃起力の衰えを改善させるのにも、シトルリンとアルギニンは有効な栄養素です。

 

また、亜鉛ですが、亜鉛は300以上ある体の酵素の分泌をサポートする必須ミネラルです。必須ミネラルなので、自身の体内では作ることができないけれど、摂らなければ死んでしまうミネラルです。摂らないと死んでしまう割に亜鉛は食事によって必要量を摂取するのは難しくなります。非常に吸収率が悪いのです。

 

そのため、日本人は慢性的に亜鉛が不足しているとの調査結果があります。亜鉛を摂取しなければ、精子量の減少やEDの原因になります。

 

精力サプリを利用すれば、1つでこれらすべてを摂取することができます。一方、市販のサプリメントを利用するとなると、複数のサプリメントを購入して飲む必要があります。

 

つまり、精力サプリを購入して摂取した方が効率はいというわけです。もちろん、精力サプリには、上記の栄養素のほかに栄養に効果がある成分がたくさん含まれています。精力、勃起力をアップさせるには実に効率がいいというわけです。

まとめ

有酸素運動と筋トレは2つとも精力回復に効果があります。肥満体型の人は有酸素運動をして脂肪を減らすことにより、テストステロンの分泌量の減退を抑制します。そして、筋トレのような無酸素運動は筋肉を刺激することでテストステロンの分泌量を増やすことができます。

 

ただ、どちらもオーバーワークをしてしまうと、逆効果になりますので注意が必要です。また、有酸素運動と無酸素運動は一緒に行うことで相乗効果を期待することができます。逆に有酸素運動のみ、無酸素運動のみではテストステロンの分泌量を満足にアップさせることはできません。

 

有酸素運動のみでは筋肉量が低下してしまい、無酸素運動のみでは脂肪の燃焼には不向きなのです。有酸素運動と無酸素運動を一緒に行うことで相乗効果が生まれ、よりテストステロンの分泌量をアップさせることができるでしょう。

 

そして、効率的にテストステロンの分泌量をアップさせて精力や勃起力をアップさせたい場合は、専用のサプリメントである精力サプリを服用して、栄養を補うことが重要です。

 

例えば、シトルリンとアルギニンが含有されている精力サプリなら精力アップのみならず勃起力アップ、さらに筋肉量のアップにもつながります。

関連ページ

「ペニスを劇的に硬くする方法8選~硬いフル勃起持続を実現!
セックスの女性の満足度には、ペニスの硬さは非常に重要な要素と言えます。ここでは、ペニスの硬さを劇的にアップさせるための8つの方法について、効果やデメリットなどを交えてわかりやすく解説していきます。
中高年男性が確実にペニスの勃起力を回復する方法徹底解説!
男性は年齢を重ね、中高年になってくるとペニスの勃起力が徐々に衰えてきてしまい、それによって男性としての自信も徐々に失われていくのでは無いでしょうか?ここでは、中高年男性が確実にペニスの勃起力を回復する方法について徹底解説していきます。
口コミで人気や効果のある精力剤・サプリの成分や特徴とは?
ペニスの元気をアップさせる精力剤やサプリメントに関しては、期待と同時にうさんくさいものもあるため、ネガティブなイメージもありますよね?それだけに、口コミで人気でしっかりと使用した人が効果を実感しているものを選びたいものです。ここでは、口コミで人気や効果のある精力剤・サプリの成分や特徴をわかりやすく解説していきます。
精力剤って何かしら副作用はあるの?
年齢とともにペニスのパワーが衰えてくると、男性としての自信に関わることもあり、大きな悩みの原因となってしまいます。その解決の選択肢として精力剤があります。この精力剤には、副作用の危険性など、わかりやすく解説していきます。
勃起の持続時間が続かない・・・。衰えの原因~昔の勃起力を回復させる方法
勃起をして、挿入、しかし時間が経ってくると硬さが弱くなって中折してしまう…セックスを最後までできずに終わるというのも男性にとっては大きな悩みですよね?ここでは、ペニスの衰えの原因から昔の勃起力を回復させる方法までをわかりやすく解説していきます。
精力回復・増強効果の高い食べ物とは?
精力の衰えは男性にとって、コンプレックスにもなる大きな問題です。加齢に負けず、女性を満足させ続けるためにしてときたい、精力回復・増強効果の高いいろいろな食べ物について解説していきます。
男性が加齢と共に精力・勃起力が衰える原因を知ろう!
どうして男性は加齢によって精力・勃起力が衰えてしまうのでしょうか?ここでは、男性が衰えてしまういろいろな原因と、それぞれの対処法についてわかりやすく解説していきます。
精力増強サプリメントの効果
精力増強サプリメントというものがありますが、どのような効果効能があるのでしょうか。勃起不全ならばED治療薬を飲んでしまった方が、ペニスが勃起するという効果が出るので、精力増強サプリを飲むとどのような効果があるのかをしらなければ、購入をためらうと思われます。今回は、精力増強サプリメントの効果を紹介します。
精力増強サプリメントの副作用
精力増強サプリをはじめとして、サプリメントのような栄養補助食品に対しては否定的な意見を持つ人が一定数います。さらに副作用や危険性を危惧する方も中には存在します。このような方は中々持論を曲げません。今回、精力増強サプリの副作用について紹介をしていきます。
配合成分の種類は多ければ良い?
折角、精力増強サプリを購入するのであれば、配合成分の種類が多い方がいいのではと考えるでしょう。確かに種類は多いに越したことはありませんが、多すぎると問題はあります。50種類の~や100種類の~を配合、このような書かれ方をしている精力増強サプリには注意をした方がいいでしょう。配合成分の種類は多ければ良いのか、今回は紹介します。
精力が減退する原因を知ろう
男性は加齢と共に精力が減退していきます。しかし、老いても精力のある人はいます。つまり、加齢のみが原因で精力が減退するわけではありません。今回は、男性の精力が減退する原因を紹介します。
テストステロン補充療法とは?
近年、男性更年期障害(LHO症候群)に対する治療法として注目されているものが、テストステロン補充療法です。このテストステロン補充療法とはどのような効果効能があるのか、今回は紹介します。