セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

MENU

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要か?ということは、命題といってもいいほど、男性を悩ませるものです。

 

自分のペニスのサイズに自信がないと、どうしても本当に女性がオーガズムに達しているのか気になってセックスを楽しむことはできません。

 

また、女性の中には長いペニスがNGと口にする人もいますが、女性と男性のオーガズムのメカニズムの違いと女性の3つの性感帯についての知識さえあれば、この命題の答えはおのずと解けてきます。

 

女性と男性のオーガズムの違い

根本的な話ですが、女性と男性とではオーガズムは異なります。

 

オーガズムには、4つの段階があります。

 

  • 興奮期
  • 高原期
  • オーガズム期
  • 消退期

 

女性も男性も、この4つの段階を踏んでオーガズムを迎えます。段階は同じですが、女性と男性とでは意味が異なってきます

 

特にオーガズム期と消退期については、女性と男性とでは全く異なった反応を見ることができるでしょう。

男性の興奮期~消退期について

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

男性の興奮期~消退期について紹介をしていきます。

 

男性がオーガズムに至る過程なんて見ても面白くはないと思いますが、後述する女性のオーガズムに至る過程とは大きく異なります

 

比較のために、まずは男性の興奮期~消退期についてみていきましょう。

 


興奮期

男性の興奮期というのは女性とのセックスを連想する雰囲気、ペニスへの性的刺激により勃起することが男性の興奮期にあたります。男性の場合、女性とのセックスを連想する雰囲気よりも、直接ペニスへの性的刺激を与えるほうが、簡単に興奮期を迎えることができる傾向があります。

 

高原期

勃起したペニスへ刺激が加わることで、陰嚢部分が持ちあがります。いつもは垂れ下がっている陰嚢が持ち上がり、さらにペニスの先端部分からカウパー腺液という粘り気のある液体が分泌されるのも高原期の特徴でしょう。

 

カウパー腺液に関しては、オーガズム期を迎え射精するまでの間は分泌され続けます。カウパー腺液の量と快感には関連性はなく、当然ですが、勃起時間が長くなればなるほど分泌量は多くなります。

 

ちなみに、カウパー腺液の役割としては尿道内の殺菌を行い感染症のリスクを下げ、挿入時の摩擦を減らし快感を減らして快感を高めることです。また、尿道内は弱酸性なので弱アルカリ性のカウパー腺液にて中和し受精の確立を上げるという働きもあります。

 

カウパー腺液には微量ながら精液が混じっていますので、妊娠を望まないのであれば、避妊具を装着しましょう。

 

つまり、高原期を迎え、カウパー腺液でペニスが濡れれば、男性は女性の膣内にペニスを入れる準備が整ったことになります。

 

オーガズム期

女性の膣内へ挿入してピストン運動をすることで、その快感で精液を射精します。射精が男性のオーガズムです。男性がオーガズムを感じることのできる時間はわずか数秒であり、このわずか数秒の間に猛烈な快感に支配されます。

 

ちなみに、一度に男性が射精することのできる精液量は2~4mlです。射精する精液量に比例して快感も強くなります。オナ禁をしたのちに射精をするといつもより気持ちいい理由は、射精する精液量にあります。

 

消退期

男性の消退期は、オーガズムを迎え射精をしたのち、約1分後に訪れます。ペニスにたまっていた血液が引いていき、ペニスは通常のサイズに戻ります。また、高原期の際に刺激により持ち上がっていた陰嚢も下がります。

 

さらに、男性はこの後、無反応期と呼ばれる状態になります。この状態では性的刺激を受けたとしても再度、勃起することがなくなります。加齢とともにこの無反応期は長くなる傾向があります。

 

男性の場合、繰り返しセックスをしたいという野心のようなものがありますが、身体機能の低下にともない、繰り返しのセックスが難しくなります。

女性の興奮期~消退期

女性のオーガズムのプロセスについて、詳しく説明していきましょう。男性のオーガズムとは全く異なります。

 

興奮期

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

軽いスキンシップやキスなどセックスをするという雰囲気になると、女性は愛液により女性器が濡れ始めます。愛液の分泌量については個人差があり、男性からしてみればたくさん濡れている方が感じていると考えがちですが、愛液の分泌量と快感の度合いは比例しません

 

また、男性とは異なり直接、女性器に性的刺激を与えられるより、女性はこれからセックスするのだという雰囲気により濡れやすくなる傾向があります。

 

高原期

興奮期の次のステップとして高原期があります。女性の小陰唇に血液が流れ込み、周囲が赤味を増します。また、膣の入り口が広がり男性器を受け入れやすい態勢になります。また、ペニスを締め付けるために、膣の入り口付近は厚みを増し始めます。

 

高原期については、一目で見てわかるものではありませんので、女性器やクリトリスをいじりつつ観察をしていきましょう。高原期を迎えれば、女性器の中に指を入れても問題はありません

 

オーガズム期

高原期から女性の快感はどんどん増していきます。徐々に理性などが飛んでいき、恥じらいがなくなります。快感により声が出始め、乳首がたち、手足が外側に向き広がっていきます。また、オーガズムを迎えると膣やアナルが1秒弱の短い間隔で律動します。

 

男性はペニスへの刺激で快感を覚えるのですが、女性は全身を使いオーガズムを感じます。つまり、本当にオーガズムを迎える場合、体全体が性感帯になっているといって過言ではありません。また、一度オーガズム期に入ってしまうと何度も絶頂を迎える点は男性と異なります。

 

そのため、セックスに慣れていない男性の場合は一度オーガズムに導いてしまえば、女性は満足したものと誤解してそれ以上を攻めません。また、オーガズム期の初期には、まだ女性には恥じらいの感覚がありますので「もうやめて」と止めてきます。ここでやめてしまったら女性は真のオーガズムを得ることはできません。 

 

オーガズムを数度迎えると、体中の感度がアップして指での些細な刺激ですらひどく反応をする方もいます。また、痛みに対しても鈍感になりますのでスパンキングや強めのボディタッチをしても問題なくなります。

 

この際に、女性のもっとも感じる敏感な性感帯である子宮口(ポルチオ)を激しくせめますと女性は「中イキ」という、頭が真っ白になるほどの絶頂を迎えます。ここまでやってしまえば、理性で本能を抑えることができなくなりますので、嘘偽りなくオーガズムに達している女性の恥ずかしい姿を見ることができます。

 

消退期

女性はオーガズム期が終わっても男性のようにすぐに消退期を迎え、満足感から疲労感による無反応期になるというわけではありません。オーガズムの快感は長続きし、膣やクリトリスは時間をかけて、ゆっくりと元に戻っていきます。

 

また、女性は消退期の前半でも感度は高まっていますので、ここで軽くスキンシップをしてあげれば気持ちよさがさらに長続きをします。消退期後半になりますと気だるく幸福感に満たされた感覚に支配されます。

3つの性感帯

男性と女性とでは、オーガズム期~消退期が大きく異なることが前項までで分かったはずです。

 

そして、女性には3つの性感帯があります。

 

  • クリトリス
  • Gスポット
  • ポルチオ

 

セックスで女性をイカせるにはやっぱりペニスの長さや大きさは重要?

この性感帯ですが、クリトリス、Gスポット、ポルチオの順番にせめていきませんと、女性は痛みを覚えてしまいます。特にポルチオについては、オーガズム期を迎えて痛覚が鈍くなっているときに攻めなければいけません

 

よく、ペニスの長い男性は女性から嫌われるといわれますが、これは単純にポルチオの準備が整っていないときに挿入してしまうので女性が痛みを覚えてしまうわけです。

 

しかし、クリトリス、Gスポット、ポルチオの順番に刺激をしていき、数度オーガズムに導いてから挿入をしてみると、女性の痛覚は鈍化していますのでポルチオを刺激しても痛みではなく、快楽が上回ってしまうわけです。

 

そして、ポルチオについては、子宮口なので膣の最も深い場所にあります。ポルチオは愛撫をしてきちんと女性の雰囲気を盛り上げていくことで、徐々に下にさがってくるのですが、これを手で刺激することは難しく、通常はペニスでの刺激となります。ペニスのみしか刺激することができないので、多くの女性は未開発の性感帯です。

 

このポルチオを開発された女性は、膣内のペニスのみでオーガズムに達してしまうという中イキという現象に襲われます。この中イキについてですが、他の性感帯で生かされるよりも快感が強く、味わってしまった女性は高い確率で中イキのできないセックスに対して不満を持つことでしょう。

 

また、ブレンドオーガズムというものもあり、これは膣内の2大性感帯であるGスポットとポルチオを同時に攻められるさいに訪れる、最高の絶頂です。

 

ブレンドオーガズムを迎えさせるにはペニスの太さと長さが不可欠

セックスにおいて、ペニスの太さや長さは、そこまで重視されない、テクニックの方が重要といわれています。しかし、本当に女性を快感のるつぼに落とすのであれば、言い方が悪いのですが自分の女にしてしまうためには、長く太いペニスは必要不可欠です。

 

テクニックでカバーすることができる性感帯は、クリトリス、Gスポットまででしょう。ペニスが大きな男性でなければ、ポルチオを開発することもできませんし、Gスポットとポルチオを同時に刺激するブレンドオーガズムも女性に与えることは不可能なのです。

 

残念なことに、これが現実です。テクニックでカバーすることができるところには限界があり、それ以上を女性に与えたいのであれば、ペニスを太く長くしなければなりません。

 

では、短小ペニスの人は諦めるしかないのかといえば、そのようなことはありません。人間の体はきちんとした栄養素をとることで成長をします。それはペニスも同じです。短小ペニスを大きくする方法はすでにあります。諦めず、挑戦していきましょう。

 

まとめ

テクニックでオーガズムに導くことも可能ではありますが、やはり限界があります。技術があっても、女性が本当に感じる性感帯である子宮口を刺激するためにはペニスしかありません。

 

つまり、女性を本当にオーガズムに導くためには、どうしてもペニスの長さや大きさというものが重要になってしまいます。

 

そして、短小ペニスだからといって諦める必要はなく、ペニス増大サプリなどを使用してペニスの増大をして、女性を本当に自分のとりこにしてください。

関連ページ

ペニスが小さい・・・。ちんこを大きく増大する方法を徹底解説!
ペニスのサイズの問題は、パートナーのセックスの満足度を左右するものであり、男性自信のコンプレックスの原因にもなる、非常にナーバスなものです。この問題を解決するために、ペニスを増大させる方法にはどのようなものがあるのか、などわかりやすく解説していきます。
ペニス増大サプリって本当に効果あるの?副作用や危険性は?
ペニスのサイズを大きくしたいというのは、多くの男性にとっての願いでは無いでしょうか?ここでは、ペニスのサイズアップにペニス増大サプリは本当に有効なのか、副作用の危険性など心配は無いのか、などについてわかりやすく解説していきます。
ペニス増大器具の種類や効果について
ペニスのサイズを大きくしたいということは、多くの男性の希望と言えるのでは無いでしょうか?ここでは、ペニスのサイズアップに利用できるペニス増大器具の種類や効果について、わかりやすく解説していきます。
ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについて
ペニスを増大させるために最も確実な方法として手術が挙げられますが、そのリスクは非常に心配な面もあるのでは無いでしょうか?ここでは、ペニス増大手術の種類・効果・費用・リスクについてわかりやすく解説していきます。
ペニス増大トレーニング(チントレ)の種類・やり方・その効果とは?
ペニスのサイズを大きくするためにはいろいろな選択肢が考えられますが、自分でトレーニングして実現する方法に、ペニス増大トレーニング、通称チントレがあります。このペニス増大トレーニングの種類、具体的な方法、その効果などについてわかりやすく解説していきます。