早漏を治したい!射精コントロールして女性を満足させる方法を徹底解説!

MENU

早漏を治したい!射精コントロールで女性が満足する方法を徹底解説!

早漏を治したい!射精コントロールして女性を満足させる方法を徹底解説!

この記事を読んでいるということは、あなた早漏ですね。

 

名推理をみせてしまったところで、今回は早漏を治して女性を満足させる方法を、徹底的に解説をしていきたいと思います。

 

射精のコントロール方法を身に着けてしまえば、あとは自転車に乗るのと同じ要領で射精コントロールができるようになります。

 

早漏とは?

早漏とは、セックス時に射精に至るまでの時間が過度に短くなることなのですが、膣内にペニスを挿入してから何分で射精してしまったら早漏という明確な基準というものがありません。30秒~3分が一般的な早漏の目安とされていますが、女性側からしてみると自分が満足をする前に射精してしまった場合、早漏となります。

 

つまり、早漏の明確な基準はないけれど、女性を満足させることができなければ、早漏といわれても仕方がないということでしょうか。早漏はセックスの満足感が低下してしまう原因になりますので、なんとかして治したいものです。

 

早漏の原因は?

早漏の原因のひとつとして包茎が挙げられます。

 

包茎のせいで亀頭が正常に成長しておらず、亀頭が膣内の刺激に異常に反応してしまい、射精をしてしまうというケースです。このような場合、包茎を治して亀頭を刺激に慣らせていくということが重要になります。そのため、包茎の治療=早漏の改善となります。

 

また、オナニーのしすぎというのもあります。オナニーの場合、射精感のコントロールをする必要がなく、射精したくなったら射精してしまいますよね。オナニー習慣の改善にて射精感のコントロールを身に着けることができると思われます。

 

そして、もっとも早漏の原因として考えられるものは、心因性のものがあります。つまり、コンディションが悪く、たまたま早漏になってしまったのに、女性に「早い……」と呟かれたのがトラウマとなり、自分は早漏ではないのだろうかと自己暗示をかけて早漏になってしまうわけです。マイナスプラシーボ効果と呼ばれる状態です。

 

老化が原因の早漏もあります。これは、射精をコントロールする筋肉が衰えてしまったので、お漏らしをするように、射精をしてしまうわけです。適度な運動習慣を持っていない、デスクワークの人に多くみられる早漏の原因となります。

射精のメカニズムを知ろう

早漏を治したい!射精コントロールして女性を満足させる方法を徹底解説!

早漏の原因が、わかったところで、次に射精のメカニズムについて知りましょう。射精のメカニズムがわからなければ、射精のコントロールも難しくなります。

 

まず、性的興奮が高まるにつれて、ペニスが勃起し、精嚢や前立腺から分泌液が分泌されます。この精嚢と前立腺から分泌された液が混じりあうことで、精液ができます。

 

その後、膀胱の真下にある内括約筋が収縮して、膀胱からの通路が閉じられます。それと同時に尿道途中にある外括約筋の収縮も始まります。そして、尿道からおしっこが外に出る通路も閉じられます。内括約筋と外括約筋の収縮によって作られた空間に精液が溜まります。

 

そして、外括約筋の近くにあるカウパー腺からカウパー腺液が分泌されます。このカウパー腺液により、尿道内がアルカリ性となり、尿で酸性となっている尿道を中性にし、精子に悪影響を与えないようにします。

 

性的興奮がさらに高まり、ある一定の値を超えると射精中枢と呼ばれる射精をつかさどる中枢が射精の信号が出ます。この射精中枢は脳ではなく腰椎に存在しますので、射精中枢から射精の信号が出てしまった場合、脳でいくら止めようとしても脊髄反射なので止めることは不可能です。

 

射精の信号が出ると、外括約筋が緩くなり、空間に溜まっていた精液が外に放出されます。これが射精です。

 

射精中枢からの信号をコントロールすることはできないのか?

射精中枢からの信号をコントロールすることができれば、早漏を防止することができるのでは? と思うかもしれませんが、射精中枢からの射精命令をコントロールすることは不可能です。射精中枢が反応を始めた時点で何をどうやっても射精を止める方法はありません

 

前述しましたが、射精命令は「反射」になります。反射というのは、特定の刺激に対して無意識に反応して起きてしまいます。脚気の検査のように膝の特定の部分をたたいたら無意識に足が反応してしまいますよね。

 

射精の反射がはじまった時点で、意識してコントロールすることは不可能なのです。いくら脳で射精したくないと考えても、無駄です。

 

射精のコントロール

射精のコントロールは本当にできないのかといえば、そのようなことはありません。射精の反射が出てしまった場合、何をどうやっても止めることができないのですが、射精中枢に射精反射を起こさせなければ、射精反射を抑えることは理論上可能です。

 

射精中枢というのは、刺激の強弱によって射精反射を起こすのではなく、刺激を蓄積していき、ある一定値を超えた時点で射精となるわけです。つまり、蓄積する刺激の量を減らしていけば、ある程度射精感をコントロールすることが可能になります。

 

また、射精中枢は「内臓反射」と呼ばれるものに分類されます。これは、例えば、息を止めると心拍数が上がるといった反射です。内臓反射に密接に関係があるのが自律神経です。自律神経が密接に関係していますので、内臓反射を「自律神経反射」とも呼びます。

 

自律神経ですが、興奮や緊張のときに活発化する交感神経、リラックスしているときに活発化する副交感神経の2つの神経がバランスをとり、人間の体の器官の働きを調整しています。

 

勃起をするときには、副交感神経が優位なときであり、交感神経は射精をするときに優位になります。交感神経が優位になっているということは、それだけ興奮をしているということであり、射精中枢に溜まる興奮という刺激の量も多くなります。

 

つまり、射精中枢に溜まる興奮の量を緩やかにすることが、射精コントロールには必要不可欠な要素となります。

 

射精をする手前でコントロールをする

射精反射が起きてしまったら止めることができません。そのため、射精直前の状態をキープするというのが重要です。つまり、射精しそうになる手前で我慢をすることです。

 

そのために、何が重要かといえば感覚をつかむことです。たとえば、気持ちがいいけれどまだ射精感を我慢できる。興奮しているけれど、冷静でいられるという感覚をつかむのです。

 

この感覚を身に着けてしまえば、あとは徐々に射精感をコントロールしていくことが可能です。

 

射精感のコントロールの練習方法

 

射精感のコントロールとしてオーソドックスなものは「スタート・ストップ法」と呼ばれるものです。

 

これは、オナニーをして、射精しそうになったら刺激をやめて、射精しそうな感覚がおさまるまで待ち、これを3回から5回繰り返したのちに射精するというものです。

 

 

スタート・ストップ法に似たものとして、勃起をしてから射精にいたるまでの時間を記録するという方法があります。これは、成長記録が楽しめると思われます。

 

たとえば、アダルト動画を見はじめ勃起をしたらオナニーをはじめ、射精しそうになったら手を止めてクールタイムを置きます。気持ちいいのをいったん止めなければならないので、慣れないうちはストレスがたまります。射精感を我慢することができれば、オナニーを再開します。これを繰り返し、我慢できずに射精してしまったらタイマーをストップさせて時間を記録します。

 

いちばんダメなオナニーは一気に興奮をして射精をするというものです。これでは、いつまでたっても射精感をコントロールすることはできません。

 

ただし、この2つの方法には即効性がありません。効果が出てくるまでに時間がかかり、継続しておこなわなければならないという点がデメリットです。

 

しかし、PC筋という勃起力や勃起の維持力を向上させる筋肉を鍛えることができ、この筋肉が強くなることで、筋力が低下して早漏になっている方の場合は、PC筋のトレーニングだけでも効果があります

 

ちなみに、PC筋のトレーニング方法は、

 

  1. 5秒かけて肛門を締めていく
  2. 5秒間そのままの状態をキープする
  3. 5秒かけて肛門を緩めていく
  4. 5秒のインターバルを置く

 

これを10回1セットとして、朝、昼、晩、寝る前に行うことで勃起力や持続力がアップし、射精コントロールにも効果を発揮することでしょう。

射精コントロールの練習中、射精しそうになったら

早漏を治したい!射精コントロールして女性を満足させる方法を徹底解説!

アダルト動画をみて射精のコントロールをしても、はじめのころはすぐに射精すると思います。

 

徐々に我慢をしてコントロールをする感覚をつかめばいいので焦る必要はないのですが、射精しそうになったら我慢する方法が2つあります。

 


1つ目、深呼吸

1つは、深呼吸をすることです。深く息をはくことで自律神経の副交感神経が優位になります。焦ったり興奮したりした場合、リラックスのために深呼吸をするといいとよく言われていますが、深呼吸をすると副交感神経が優位になる効果があるのが理由です。

 

前述しましたが、過度に交感神経が優位になっていると射精をしてしまうので、副交感神経を優位にして射精感を鎮めれば、射精感はおさまる可能性が非常に高くなります

 

ちなみに、呼吸は「吸う」と「吐く」の2つがあります。そして、息を吸うときは交換神経が働きやすくなり、吐くときに副交感神経が優位になります。つまり、深呼吸といっても重要になるのは「吐く」です

 

深呼吸といっても息を吐くことをメインにおこない、なるべく息を吸う時間を短くして、吐く時間を長くするような深呼吸法をマスターしなければ、射精感を抑える効果は薄くなります。

 

そのため、深呼吸のトレーニングとして、鼻から2秒かけてできるだけゆっくりと息を吸い、鼻から10秒かけてゆっくりと息を吐く、この深呼吸法を体に覚えさせておくと、射精のコントロールに優位に働くことでしょう。

 

意識の分散

2つ目は、射精しそうになったら、その間はエロいことを考えないようにすることです。

 

男性の場合、女性と比較すると1つのことに集中しやすいという特徴があります。エロいことに集中してしまいますと、射精中枢の興奮の値というのが高まりやすくなります。結果として早漏につながるので、1回頭を切り替えて、エロいことから意識を離す必要があります。

 

仕事のスケジュールを思い出してもいいですし、特にかくセックスやエロいことから思考をいったん変えて、興奮を鎮めるという方法があります。

 

ただし、注意しなければいけないのが、不慣れな場合、今度は別のことに集中しすぎて、中折れしてしまう可能性があります。オナニー中では問題ないのですが、セックス中の中折れはかなり怖いので、セックス中にはなるべくは利用したくない手です。

 

パートナーに手伝ってもらい射精コントロール

射精コントロール方法の1つにセマンズ法というものがあります。これは、パートナーの協力が必要不可欠ですが、学習理論に基づいた心理療法・行動療法になります。基本はスタート・ストップ法の応用ですが、より実践的な射精コントロールのトレーニング方法となります。

 

まず、ペニスをパートナーに刺激してもらい、射精しそうになったら刺激をやめてもらい、射精感がおさまるまで待ち、これを3回~5回続けたのち射精をするというものです。

 

慣れてきたら、ローションを使用してペニスを刺激してもらう方法があります。

 

さらに高度な訓練として、実際にパートナーに騎乗位や側臥位で挿入して、セマンズ法を行うというものがありますが、これはパートナーの理解を得る必要があり、実際に行うのが難しいと考えます。

 

実際のセックスに近い状況で行える射精コントロール方法であり、パートナーに手伝ってもらうことにより、パートナーからの受ける刺激に心理的にも慣れることができます。心因的な原因、たとえば、トラウマなどが原因で早漏になっている場合には効果を発揮することでしょう。

 

体位を変えてみる

セックスには様々な体位がありますが、その体位の中で射精しやすい体位と射精しにくい体位というものがあります。射精コントロール方法を実践してもまだ不安感がある場合は、体位を工夫してみましょう。

 

まず、射精しやすい体位ですが、正常位・騎乗位・バックが射精しやすい体位となります。いわゆる「足ピンオナニー」と同じように体に力が入りやすいので、射精がしやすいといわれています。早漏の不安がある方はさけた方がいいでしょう。

 

そして、射精しにくい体位ですが、対面上体立位・座位・抱え騎乗位・背面側位です。

 

対面上体立位というのはあまり聞かない体位ですが、正常位の応用で、男性側が身体を垂直にする点にあります。この体位は射精しにくく、早漏に効果的な体位となります。また、背面側位は男性が女性に添い寝をするような形の体位なので、早漏対策のみならずおしゃれな体位であるといえます。

 

セックス中に射精感のコントロールは可能か?

オナニーで練習を積んでいけば、本番でも射精しそうになるときの感覚をつかむことができるはずです。しかし、ここで疑問に思ってしまうのが、射精しそうになるから動きを止めて我慢するのは、女性に対して失礼ではないのかという点です。

 

確かにいきなり、ピストン運動を止めてしまったら不審に思われるかもしれませんが、その間、キスをしたり会話をしたりすれば、女性のセックスに対する熱は冷めません。キスや適度な会話を入れることで、女性は逆に愛されているという感覚になります。

 

キスや会話をすることで、男性側としても意識を別の方向に向けることができますので、興奮を抑える効果があります。

 

射精コントロール方法の注意点

射精コントロール方法として、スクイーズ法などがあります。また、射精を寸止めするというのもあります。

 

たとえば、寸止めですが射精しそうになったら、ペニスをぎゅっと握り寸止めをするというものです。

 

寸止めを繰り返すことで射精を我慢できるようになるというものですが、注意して行わなければ精液が精管や尿道に逆流することがあります。これは逆行性射精と呼ばれ、男性不妊の原因になります。

 

なぜかといいますと、尿道は普通、精液などが逆流しないように弁で蓋がされています。しかし、寸止めオナニーを繰り返すと、この弁が正常に働かなくなってしまい、膀胱に逆流するようになってしまいます。逆流をすることでペニスから射精される精液が減ってしまい、男性不妊の原因となるわけです。

 

また、前立腺炎や尿道縁の原因になる可能性もあります。

 

スクイーズ法についても、オナニーをして、射精しそうになったら亀頭の根本部分を10~20秒ほど親指と人差し指で抑え、射精を我慢するというものです。結局、これも寸止めオナニーと同じことなので、逆行性射精の原因になってしまいます。

まとめ

早漏の治し方と射精コントロール方法やその練習方法について紹介をしてきました。

 

射精のコントロールは、すぐにできるものではありません。1週間2週間と続けてようやく感覚がつかめてきます。

 

また、早漏の原因は様々ですが、包茎や老化が原因の場合は包茎の改善やPC筋のトレーニングなどにより改善させる方がいいでしょう。

 

さらに、射精のコントロール方法によっては、逆行性射精の原因になりますので注意をして行ってください。

関連ページ

早漏で彼女が不満気味・・・。まずは早漏の原因を知ろう!
彼女がイク前に果ててしまい、セックスに不満を感じられてしまった…男性にはどうしても避けたいことなのでは無いでしょうか?そんな早漏にはどんな原因があるのか、またその対処法などにはどんなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。