ペニスの悩みレスキュー隊

MENU

効果の高い精力剤・ペニス増大サプリ比較ランキング2018

 

古今東西の男性の悩みの一つには、勃起時のペニスの大きさや硬さ、そして持続力があります。

 

これが悩みで意中のお相手になかなかアプローチをかけることができないなんて悩ましいこともあるでしょう。

 

ただ、勃起時のペニスの大きさや硬さ、そして持続力についてはきちんとした知識を持って挑むことで簡単ではありませんが、必ず改善します。そして、コンプレックスを克服したあなたは、ワンランク上の魅力的な男性となるはずです。

 

ペニスサイズのアップにもっとも効果的で即効性があるのが、美容クリニックやメンズクリニックでおこなわれているペニス増大手術です。この方法を最初に思いつくのではないのでしょうか。

 

確かに現在、美容クリニックやメンズクリニックでおこなわれているペニス増大手術は注射器でヒアルロン酸などをペニスに注射し、ペニスサイズを大きくするというものです。豊胸手術やプチ整形などでも利用されている比較的、安全な手術です。

 

ただし、効果は1年程度しかありません。ヒアルロン酸は体内にある物質であり、時間が経過することで、体に吸収されてしまいますので、ペニス増大効果は一時的にしかありません。メスでペニスを切る手術もありますが、これは通常時のペニスサイズはアップしますが、勃起時のペニスサイズは変わらないというデメリットがあります。

 

しかも、ヒアルロン酸を注入する手術にしても、メスを使用する手術にしても莫大な費用がかかります。たった1年程度のペニス増大のために20万円程度の手術費がかかります。ペニスにヒアルロン酸を注射するだけで、20万円ってぼろい商売ですね。

 

もちろん、手術ですから失敗する可能性があり、ペニスの形が変になってしまう例も海外において報告されています。下手するとペニスが使い物にならなくなる可能性があるわけです。

 

というわけで、手術は最後の手段として残しておく方が賢明でしょう。

 

ついで、思いつく精力と勃起力をアップさせる方法として考えるのが、勃起薬(ED治療薬)や強精剤の利用です。ただ、勃起薬は「劇薬」が使用されている医薬品です。また、結局のところ勃起薬は勃起しやすくなるだけの医薬品であり、高い確率で副作用が出ます。

 

そして、強精剤については本当に効果があるものになるとヨヒンビンなどの「劇薬」が使用されている医薬品になります。ヨヒンビンに関しては効果よりも副作用の方が多いという、かなり危険な成分です。現在の勃起薬が登場する前は活躍していましたが、現在はわざわざ使用する必要はないでしょう。繰り返します。かなり危険なのでヨヒンビンが含有されている強精剤を使用するよりは、別の手段を探すのが賢明です。

 

副作用がなく、安全にペニス増大したいという欲張りさんには、強壮剤(精力サプリ)があります。また、ペニス増大に効果があるペニス増大サプリがおすすめです。

 

サプリメントはあくまでも「食品」になりますので、副作用はありません。毎日使用することを前提に作られていますので、安心して使用することができるでしょう。

 

ただし、精力サプリやペニス増大サプリをはじめとした強壮剤には効果のない偽物が多く出回っています。例えば、ペニス増大に欠かすことができない成分の多くを薄めたり、量を少なくしたりしてコストカットをしている業者が多くあります。

 

つまり、粗悪品が非常に多く流通しているのが現実です。有名なメーカーだからといって安心することはできません。これは、サプリメント業界の深い闇の部分です。そのため、購入するときには細心の注意と綿密な調査が必要になります。

 

ということで、当サイトでは、人気と効果が確実なペニス増大サプリ・精力サプリの市販商品を徹底的に調査しました。

 

ペニス増大効果・精力増強効果の2つの効果が期待できるサプリメントを3種類厳選しました。

 

ではでは、前口上が長くなりましたが、本題のサプリメントの紹介に移りましょう!

総合1位・ベガリア

ベガリア

 

当サイトの調査により、ほかの商品よりも優れている、むしろ圧倒したペニス増大効果・精力増強効果を持っている高品質のサプリメントとして、堂々の1位を獲得したのが「ベガリア」になります。

 

ベガリアの主成分は2007年まで医薬品に指定されていたL-シトルリン、精力回復には欠かすことのできないL-アルギニンを主要成分として、L-シトルリンとL-アルギニンの効果をさらに高めるL-オルニチン、精力サプリメントには欠かすことのできない亜鉛などペニス増大・精力増強に必要不可欠の成分が高配合されています。

 

また、高級なトンカットアリ、精力増強ではおなじみのマカについては、濃縮エキスが配合されているようです。その他の成分についても凝縮された成分が高配合されています。

 

ちなみに、トンカットアリエキスについては1kg数十万円で取引されるものです。

 

ベガリアは医薬品ではありませんので、20代の男性~70代の男性まで幅広い年齢層で利用されています。

 

ベガリアの2大主要成分であるL-シトルリンとL-アルギニンは、勃起時の硬さや持続力を同時に高める効果がありますので、ペニス増大効果のみならず、精力剤としての高い効果が期待でき、40代の精力が落ちてきた男性を中心に圧倒的な支持を集めています。

 

この圧倒的な効果を発揮する理由として考えられるのは、海外での長年の研究結果から導きだされた希少成分の独自配合(公式サイトでは黄金比率と記載)により、海綿体細胞を活性化させ、ペニス増大にいたります。

 

この黄金比率については、成分特許を取得するまでは配合比率は非公開とされていますが、その成分の比率を使用した製造販売権を販売元が日本で唯一取得して、国内製造し販売しているのがベガリアになります。

 

海外製のサプリメントは、日本で販売する際には、日本人が飲みやすいように成分を調整します。しかし、ベガリアについては成分未調整になりますので、ペニス増大・精力増強効果は注目に値するポイントになります。

 

さらに、ベガリアのカプセルの数(内容量)が他を圧倒しています。1箱になんと120粒(1日4粒推奨)なのです。

 

1つのカプセルに配合できる有効成分には上限があります。カプセルの中に有効成分をぎっしり詰め込んだものを1日1粒飲むよりも、1日4粒の方が圧倒的な効果が期待できるのは、わざわざ語る必要はないでしょう……。

 

もちろん、ベガリアのパッケージにはJAS法に基づき配合成分量が記載されています。この配合成分量を分析してみますと、ベガリアには無駄な添加物が一切配合されていません。

 

無駄な添加物を配合してコストカットをしている、粗悪なサプリメントにみられる特徴が一切ない点もベガリアが総合1位の所以です。

 

ただし、1位にふさわしいベガリアですが、デメリットとして「1度の入荷数が少ない」点にあります。公式販売サイトにおいても「1度の入荷数が少ないため、売り切れになった場合は入荷待ち」と記載されています。

 

人気なので仕方のないデメリットではありますが、購入できるときに購入しておかないと、入荷待ちとなってしまうでしょう。つまり、購入を検討している方は迷わず購入した方がいいわけですね。

 

カード決済・商品代引きの両方に対応しています。さらに営業所止め出も可能です。ペニス増大・精力増強サプリを購入するのが恥ずかしいという購入者の視点に立った綿密な販売者側の対応は評価に値します。

 

【ペニスの悩みレスキュー隊】おすすめ精力剤&増大サプリ・勃起力増強を強力サポート!

 

 

 

関連参考サイト
【ベガリア効果緊急検証】類似商品徹底比較/お得な購入方法分析

総合2位・ゼノシード

ゼノシード

 

堂々の2位はゼノシードです。このゼノシードもベガリアと同様に元々は海外のペニス増大サプリになります。

 

ペニスの血流改善に効果を発揮するL-シトルリン、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌促進効果のあるL-アルギニン。
セックスミネラルと呼ばれる亜鉛。亜鉛との併用で男性ホルモンのテストステロンの分泌量をアップさせるトンカットアリ。

 

インドの伝統のアーユルヴェーダでは「やる気と愛情のハーブ」として好まれているムクナ。精力剤ではおなじみのマカ、1年で1cmしか成長せず、天然のバイアグラとも呼ばれる希少なアカガウクルア(ソフォン)、豊富なアミノ酸が含まれたスッポンなどがバランスよく配合されています。

 

ゼノシードを服用すると、全身の血行がよくなり、股間がじんわりと温かくなるでしょう。

 

これは、なぜかといいますと、2大成分であるL-シトルリンとL-アルギニンの効果です。L-シトルリンはスイカから抽出された成分であり、L-アルギニンは体内で生成される準必須アミノ酸という両方とも天然由来の成分になります。

 

L-シトルリンとL-アルギニンを摂取すると、一酸化窒素が体内で生成されますので血管が拡張されます。

 

L-アルギニンには成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促進させる働きがあり、その効果によりペニスのサイズがアップするという点も見逃すことはできません。

 

ゼノシードのパッケージを見ますと、原材料には有効成分のみの記載になり、賦形剤(ふけいざい)の添加物が一切ありません。そのため、1粒あたりの成分配合密度については、ゼノシードが紹介するサプリメントの中では一番高いといえるでしょう。

 

ゼノシードやベガリアは、定期的に割引キャンペーンや1箱プレゼントキャンペーンをおこなっています。キャンペーン中に購入することで、当然ですが安く購入することができる点はメリットであるといえます。

 

また、ゼノシードは海外で開発されたものですが、成分未調整で日本の国内工場で製造されたサプリメントになりますので、効果と安全性の両面から見ても信頼性の高いペニス増大サプリメントです。

 

ゼノシードも、カード決済・料金代引き両方に対応しています。もちろん、営業所止めの発送も対応しています。買うのが恥ずかしいという男性にとってはありがたいですね。

 

【ペニスの悩みレスキュー隊】おすすめ精力剤&増大サプリ・勃起力増強を強力サポート!

総合3位・ヴィトックスα

ヴィトックスα

 

堂々の総合3位はヴィトックスαです。人気のペニス増大サプリのヴィトックスがバージョンアップしたものが「ヴィトックスα」になります。

 

有効成分のシトルリン、アルギニンをはじめとして、マカパウダー、亜鉛、ガラナ、アカガウクルアなどが含まれています。

 

そして、ヴィトックスαは、従来のヴィトックスと比較すると有効成分である「シトルリン」の量が2倍多く含まれています。

 

また、従来の原材料はそのままに配合されたうえで、100種類以上の成分を配合しているのです。ただ、この100種類以上の有効成分が、ヴィトックスαを総合3位にしてしまいました。

 

ヴィトックスαはカプセル錠なのですが、1つのカプセルに配合可能な成分量には上限があります。つまり、100種類も有効成分が配合されている場合、カプセルに配合されている1つあたりの有効成分量は当然ですが少なくなります。つまり、100種類も成分が配合されているからと言って、必ずしも良いというわけではないのです。

 

ヴィトックスαは、動物系、植物系、ミネラル系の3種類の成分に分けることができます。

 

まず、動物系ですが、クジラエキス、馬睾丸、サソリ、トナカイの角、マムシ、タツノオトシゴ、蜂の子、スッポンなどが配合されています。

 

次に、植物系ですが、マカ、トンカットアリ、ムクナ、ボロホ、アカガウクルア、ヒハツ、ブラックジンジャー(黒生姜)などが配合されています。

 

最後に、ミネラル系ですが、L-シトルリン、L-オルニチン塩酸塩、L-アルギニン、セレン、ヨウ素などが配合されています。

 

もちろん、動物系、植物系、ミネラル系は上記の成分以外にも多くの有効成分が含有されています。

 

また、目玉成分として「レスベラトロール」が配合されています。レスベラトロールは、ブドウの果皮に含まれるポリフェノールの1種類になりますが、これはサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させることが研究結果として発表されており、現在も研究が進んでおり、将来的に大きな展開が期待できる成分です。

 

このような有効成分がヴィトックスαには凝縮されて含有されています。

 

【ペニスの悩みレスキュー隊】おすすめ精力剤&増大サプリ・勃起力増強を強力サポート!

 

結論・1番お勧めのペニス増大・精力増強サプリとその理由

調査結果に基づいて、1位~3位までのペニス増大・精力増強に効果のあるサプリメントを挙げてきました。

 

では、1位がベガリアで、なぜ、ゼノシードとヴィトックスαが2位と3位なのか、3つのサプリメントを比較検討して、結論を導きだしていきましょう。

 

そして、あなたが、どのサプリメントを購入した方がいいのか、導き出す一助にしてください。

 

 

注文をするときにクレジットカードを使用することができるのか?

ベガリアやゼノシード、ヴィトックスαのような男性用サプリメントは、主にそれぞれのサプリメントの公式ホームページからの購入になります。

 

つまりインターネット通販になりますので、購入時の決済方法は、代引きやコンビニ決済、銀行振込など、各サイトによって多少ばらつきはあるものの、複数方法から選択することが可能です。

 

決済方法の1つに、クレジットカード決済がありますが、現代のネット通販社会において必ずと言っていいほど選択肢の中にある方法ですし、大多数の方がこのクレジットカード決済でショッピングをされると思います。

 

当たり前のように普段から利用しているこのクレジットカード決済ですが、実は男性用サプリメント業界では、利用できるサイトは限られています。

 

各販売会社がクレジットカード決済を導入する際、各クレジットカード会社から、この会社はクレジットカード決済事業を扱うことが相応しい会社かどうかという審査を受けます。
ちなみにこの審査を通過するということ自体、実は結構ハードルが高いことなのだそうです。

 

逆に言えば、クレジットカード会社の厳しい審査を通過し、ハードルを乗り越えられた販売会社ということは、それだけ信用に値する会社だということが言えます。

 

たまに購入時にクレジットカード決済が選択できて、実際に配送されてきたときに、実は「代引き」扱いでその配送業者と購入者間で、クレジットカード決済をやりとりするというケースがあります。

 

この場合は、販売会社自体がクレジットカード決済事業を扱っているという事ではなく、あくまで配送業者に対してカード決済をするということになりますので、販売業者から直接カード決済で購入したということにはなりません。

 

男性用サプリメント業界に、こういった実態があるということは、実は世間にはあまり知られていません。
これを踏まえて、様々なサプリメント販売会社の購入方法を見てみてください。意外にもクレジットカード決済が出来ない販売サイトは多いです。

 

ベガリアやゼノアシード、ヴィトックスαはどうなのかというと、3つともクレジットカード決済を利用することが可能です。

 

こういった視点からも、その販売会社が信用できるかどうかを見分ける1つのポイントになります。

 

 

L-シトルリンとL-アルギニンの含有量

今やL-シトルリンとL-アルギニンは、どの男性用サプリメントにも必ず配合されていると言ってもいいほど、2大主成分として定着しています。

 

ありとあらゆる男性用サプリメントに配合されているので、じゃあどのサプリメントを服用しても効果は同じ?と一瞬思いますが、実は各サプリメントによって、そのL-シトルリンとL-アルギニンの含有量が違います。

 

特にペニス増大サプリメントや精力剤にとって、この含有量の違いというのは、のちの効果の表れ方にも大きな違いが出てくるのです。

 

男性用サプリメントにおけるL-シトルリンとL-アルギニンの最も重要な効果というのが、血管の拡張、血管をしなやかにする、そしてそこから改善が見込まれる血流です。

 

ペニスの勃起には、ペニスにある海綿体に大量の血液を送り込まなければなりません。
そして流れ込む血液が多ければ多いほどペニスは大きく膨らみますので、この状態を何度も繰り返すことによって、ペニスのサイズがだんだん大きくなっていくのです。

 

しかし加齢や不摂生な生活が原因で、血管の老化が進み血流が悪くなってしまいます。そうなると勃起力を維持することも難しくなり、ペニス自体に元気が無くなってしまいます。

 

 

ではなぜ、L-シトルリンとL-アルギニンには、血管の拡張や血流改善に効果があるのでしょうか。

 

L-シトルリンとL-アルギニンが体内に吸収されると、一酸化窒素を生成します。

 

この一酸化窒素というのが、血管の拡張や血流改善の直接的な効果へと繋がっていく重要な成分なのです。
しかも、L-シトルリンとL-アルギニンを同時に摂取することによって相乗効果が生まれ、一酸化窒素の生成が促進されるのです。

 

まずL-シトルリンは、体内のオルニチン回路という所でL-アルギニンになります。そしてL-アルギニンは同じオルニチン回路にてL-シトルリンと一酸化窒素に分解されます。
L-シトルリンは最終的にはL-アルギニンになるので、L-シトルリンは別に摂取しなくてもL-アルギニンさえ摂取できればいいのでは?と疑問に思うかもしれませんが、実はL-シトルリンとL-アルギニンを同時に摂取することで相乗効果が生まれるのであり、それぞれ単体で摂取するのではまるで意味が違うのだそうです。

 

L-アルギニンだけを摂取した場合、アルギナーゼという酵素が同時L-アルギニンを分解しようとします。このアルギナーゼはL-アルギニンを摂取した分だけ増えて分解してしまいますので、L-アルギニンを摂取すればするほどアルギナーゼが体内に増えてしまい、逆にL-アルギニンが不足してしまうということになります。

 

その状態を改善してくれるのがL-シトルリンなのです。
L-シトルリンにはこのアルギナーゼの働きを抑える効果があります。実はそこにこそ同時に摂取する意味があるのです。

 

L-シトルリンと同時に摂取することで、アルギナーゼの働きを抑え、L-アルギニンをたくさん体内に摂り込むことができ、一酸化窒素の生成が促されるのです。

 

これについては、バイアグラの開発に大きく貢献した、ルイス・J・イグナロ博士の研究グループにより研究結果が発表されています。

 

一酸化窒素には他にも重要な働きがあります。
一酸化窒素は、海綿体平滑筋を緩ませて血流を促すcGMPという酵素の原料であり、このcGMPもまたペニスが勃起する時に欠かせない物質です。
勃起力がイマイチだったり、勃起しても続かずに萎えてしまったりするのは、このcGMPの生成量が少ないからかもしれません。

 

このように、L-シトルリンとL-アルギニンを同時にきちんと摂取するということが、ペニス増大や精力増強に大きく繋がりますので、その点からみるとベガリア、ゼノシード、ヴィトックスαは他のサプリメントと比べ、バランスよく配合されているサプリメントであると言えます。

 

しかし、3つともそれぞれ違いはあります。

 

まずヴィトックスαですが、L-シトルリンの含有量が従来の2倍配合されているということですが、他にも100種類以上の成分が1粒に凝縮されています。ということは、1種類当たりの配合量がベガリアやゼノシードに比べると少なくなります。ですので当然、L-シトルリンやL-アルギニンの配合量も少ないはずです。

 

そしてベガリアとゼノシードですが、これら2つは海外が原産の男性用サプリメントです。海外が原産のサプリメントというのは、国内で販売する際、通常日本人向けに成分を調整して販売するのが一般的です。

 

ですがベガリアとゼノシードは、成分が未調整のまま販売されています。つまり、海外の男性向けの成分調整のまま日本で販売されているということです。

 

海外の男性と日本人男性とでは、体つきや体格がかなり異なり、海外の男性は大柄な人が多いので、その分配合されている成分の量も多いです。ですので、それだけ高い効果を実感できるということになります。

 

そしてベガリアとゼノシードを比較してみると、ベガリアにはL-シトルリンとL-アルギニンの他に、一酸化窒素を分解するオルニチン回路の働きを促すL-オルニチンという成分が配合されています。
このようにL-オルニチンは、一酸化窒素を生み出す環境を整えてくれるので、L-シトルリンとL-アルギニンとの相乗効果が期待できます。

 

また、単純に摂取する量にも違いがあり、ベガリアは1日4粒摂取するのに対し、ゼノシードは1日1粒の摂取です。この摂取量の差を見ても分かる通り、ゼノシードよりもベガリアの方が高い効果を期待できるでしょう。

ベガリアがおすすめの理由

余分なものが含有されていない

ベガリアをおすすめする理由として、まずは、余分なものが一切含有されていない点が挙げられます。

 

ヴィトックスαのように100種類の有効成分を配合とあると、非常に効果が高いように思ってしまいますが、実際のところ100種類もの有効成分を入れればいいというわけではありません。

 

なぜなら、有効成分1つ1つの配合量が少なくなってしまうからです。

 

重要なのは、必要な成分をしっかりと厳選して配合することになります。

 

ベガリアについては重要な成分をピンポイントで配合しています。そのため、有効成分が30種類と100種類からすると非常に見劣るものではありますが、効果は30種類の厳選された成分が含有されているベガリアの方が優れているのです。

 

また、100種類の成分などを売り文句にしているサプリメントの多くの成分表を見てみましょう。多くの場合、野菜や果物を原料にした成分がほとんどです。であるのであれば、100種類の成分が配合されているサプリメントよりも、食事によって摂取してしまった方がいいでしょう。

 

つまり、無意味な栄養素を含めて100種類含有しているサプリメントを摂取するのであれば、本当に効果のある主要成分がピンポイントに配合されたサプリメントを摂取して、食生活を整えることが重要です。

 

サプリメントはあくまでも健康補助食品です。メインの食生活が乱れていては、真価は発揮されません。

 

人間の体は一度に摂取吸収できる成分の量は決まっています。そのため、仮に一度に一定量以上を摂取したとしても、結局、排出されます。肝心なのは体内の成分濃度を常に一定以上に保つことが重要になるのです。

 

含有されている精力増強作用がすごい

ベガリアに含有されている精力増強作用ですが、種類は多く含まれていません。しかし、1つ1つの成分が必要量含有されています。

 

そのため、きちんと摂取することによりペニス増大効果のみならず、早漏改善、遅漏改善、中折予防、勃起不全の改善などの効果を期待することができます。

 

まず、アカガウクルアです。タイでは古くから男性の強壮剤として利用されている歴史のあるハーブです。バイアグラと同様にPED5 の働きを阻害する効果があります。

 

疲労回復効果や疲労回復効果、抗ストレス作用、抗炎症作用などの効果が期待することができます。また、血流の改善効果がありますのでペニスの中折も予防することが可能です。

 

次に、ベガリアにはトンカットアリが含有されています。トンカットアリは東南アジアの熱帯雨林地域に自生しているニガキ科の植物になります。先住民の間では、男性の活力、性機能の増進として利用されているハーブになります。トンカットアリは男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進し、男性機能を高める効果があります。

 

そして、マカです。マカは古くからアンデンス地方で伝承薬として使用されており、男性ホルモンのバランスを整える効果があります。

 

マカは男性機能の改善で有名ですが、特殊成分であるベンジングルコシノレートが体内に入ると非常に有用な働きをします。

 

亜鉛、味覚や皮膚・粘膜の健康維持にかかわり体内の酵素の300以上の働きをサポートする働きがあります。男性機能にかかわるので、アメリカではセックスミネラルと呼ばれています。日本人は慢性的に亜鉛が不足しているので摂取した方がいいものとなります。

 

金時生姜末がベガリアには含有されています。繰り返し同じ土壌で作ると品質が低下してしまうので、一度使用した畑は7年間休ませる必要があります。大地の栄養素を吸収しきってしまうのです。一般的な生姜と比べると香り成分、ガラノラクトン・辛味成分ショーガオール・ジンゲロールを多く含んでいます。

 

金特生姜に含まれている栄養素は血のめぐりを良くする効果があり、交感神経を刺激し、代謝がよくなります。

 

カプシウムペッパーは、唐辛子由来の燃焼成分です。唐辛子にはカプサイシンが多く含まれていますが、カプサイシンが中枢神経を刺激することにより、アドレナリンなどのホルモンの分泌を促し、エネルギー代謝が盛んになります。

 

馬睾丸末は、男性ホルモンの分泌、精子の量の増大、スタミナ回復、勃起不全の解消の効果があり勃起力をアップさせます。精子の量が増えることでセックス時の快感の度合いがアップします。

 

無臭ニンニク、滋養強壮、スタミナ強化、精力増強などの効果があります。

 

スッポンには、アルギニンを含む必須アミノ酸が豊富に含まれており、滋養強壮に効果があるとされています。

 

高麗人参エキス末にはサポニンが成分が含まれて血行を促進し、新陳代謝を上げる効果があるほか、血液の流れを良くします。

 

蜂の子末には、アルギニン、アミノ酸、たんぱく質などの滋養強壮に効果がある成分が多く含まれています。

 

サソリ末、強精成分として知られ多くの漢方精力剤に配合されています。勃起不全改善などの効果があります。また、一酸化窒素合成酵素の活動の補助に欠かせないものとなります。

 

そのほかに、ベガリアには豊富にビタミンが含有されています。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6 、ビタミンB12、αリポ酸、葉酸などのビタミンが豊富に含まれています。有効成分がどんなに含まれていても、ビタミン類が一切含有されていない場合、有効成分がきちんと体内に吸収されることがありません。

 

これらビタミンがしっかり含有されていない場合、どんなに有効成分が含有されていても、きちんと吸収されることなく体外に排出されてしまいます。

 

ベガリアの内容量が群を抜いて優れている

ベガリアは1箱に120粒、1日4粒摂取することができるのが魅力の商品です。

 

ベガリアは海外の未調整のサプリメントです。日本人が飲みやすい小型カプセルにする過程で、4粒になったのでしょう。

 

前述しましたが、有効成分の量が多くなると、1カプセルに含有できる成分量には上限があります。結果、1つ1つの成分含有量が少なくなります。

 

ではどうするか? 妥協して調整をしてサプリメントの質を落とすか? 

 

そこでベガリアの採った策は、製造コストが高くなり利益率が下がるものの1箱120粒入りにしました。利益重視の業者では、このような策は採らず、成分を調整して販売してしまうでしょう。

 

また、ベガリアは透明のカプセルを使用しています。製造上不要な着色料などを一切含んでいないことを表すための行為でしょう。

 

粗悪なサプリメントの場合、カプセルに色を付けてカラフルにして中身を見せないという手法を取ります。カプセルに色がついている場合、カプセルの中身の分量は一目ではまずわかりません。中身を見せない場合、偽造していてもまずはわかりません。結果、疑われても致し方ありません。

 

また、透明のカプセルを使用していても着色料を利用することで、素材の色をごまかすことができますが、ベガリアは透明カプセルでベージュ系の色をしています。これは白色のL-シトルリン、L-アルギニンのほかに、天然原料が多く含有されている証左になります。

 

成分表記に着色料が記載されていないので、素材そのものの色であり、JAS法に基づく表記によりL-シトルリンが一番に書かれているので最も多く含まれている成分であることがわかります。

 

L-シトルリンは白色ですが、ベガリアのカプセル内はベージュ色をしています。着色料を使用していないということは、天然成分が含有されているのでベージュ色になっているのです。

 

このようにベガリアは、ある程度のサプリメントに対しての知識とサプリメント業界の闇について知っていれば、ベガリアが優れたサプリメントであることがわかります。

 

ベガリアの特徴のまとめ

まず、ベガリアは海外での長年の研究により導きだされた、希少成分の独自の黄金比率にて配合をしています。この黄金比率により海綿体細胞が活性化してペニス増大効果を期待できるでしょう。

 

そして、内容量に関しては1箱120粒が含まれています。1日4粒×30日分の計算です。圧倒的な内容量といえるでしょう。

 

さらに、L-シトルリン・L-アルギニンの相乗効果による血流改善により勃起力アップの向上。そこへL-オルニチンの配合によるさらなる相乗効果が期待でき、他を圧倒する効果を発揮します。

 

そのうえ、含まれている漢方薬や天然成分はどれも男性機能を活発化させる効果が証明されているものを少数精鋭で配合されています。

 

また、中には研究途上のものもあり更なる副次的な効果を期待することもできるでしょう。もちろん、配合されているものは医薬品ではなく、漢方薬などで有名な成分になり、副作用などはなく非常に安全です。

 

JAS法に基づいた成分表記表にのっとり、配合されているものがわかり、余分なものはベガリアには一切配合されていません。配合成分は30種類と多くはありませんが、強力な成分がピンポイントに含有されています。

 

ペニス増大サプリ・精力増強サプリも効果は個人差が必ずあります。

 

口コミでは、3ヵ月でペニスがプラス3~4cmほどの増大効果があり、勃起時のペニスの硬さ、精力回復効果に関しては1ヵ月間使用することで効果を発揮するとされています。

 

結論としては、ベガリアが最もおすすめなのですが、サプリメントは継続して服用し続けなければ効果を実感することはできません。ペニス増大ならば、まずは3ヵ月、精力増強効果を狙うならば、まずは1ヵ月間の使用してみましょう。

 

試しに1ヵ月、ペニスに自信を持ちたいのであれば、3ヵ月を目標にベガリアを飲み続けてみてください。それで間違いないペニス増大、精力増強を実感することができるはずです。